窓辺の風景 


志の輔落語「牡丹灯籠」@本多劇場 7月9日
07/10/2019, 8:03 am
Filed under: 落語

「牡丹灯籠」知ってはいました。 歌舞伎でも観ています。 その時は「牡丹灯篭」 でも、こんなに長〜い物語の一部分だったなんて。

それにしても志の輔師匠の気力・体力、凄いものです。 聴くのも体力。恐れ入りました。 でも、来年もまた聴きたい。 それまでに少し頭を整理して。



新春国立名人会 1月7日 @ 演芸場
01/08/2017, 5:59 pm
Filed under: 落語

「松の内」も、今日まで、ということなのでしょう。 名人会は 最終日です。

太神楽曲芸協会・壽獅子に始まり、落語に奇術に漫才、紙切り。  今日は二人立てのの獅子舞です。

柳家花緑の第一声、「柳家小三治と楽しい仲間たちにようこそ」 ハハハハハ? でした。  大トリは、小三治の 「小言念仏」

小三治が話していた、半つきのお餅で作った「鏡餅」。 食べてみたい!!
子供の時、暮れには親戚で集まってお餅つきをしていました。 その時の、まだ、もち米の粒のある状態で作ったあんころ餅、辛味餅の美味しかったこと、思い出しました。

しかし、あの、演芸場に飾ってあったくらいの大きさの「鏡餅」 一体幾らくらいするのでしょうか・・それに食べきれないか。



新年は・・「新春国立名人会」 1月3日 @ 演芸場
01/04/2017, 6:57 pm
Filed under: 落語

やはり、お正月は初笑い。

若山胤雄社中/寿獅子 で始まりました。 獅子舞、お正月らしくっていいですね。

紙切りの林家二楽、毎年夏に開催される「二楽劇場」 ここ2年ばかり都合がつかずに、行けませんでした。 そう、暫く振りだったのです。ですので、あまりに痩せた二楽さんに、びっくり。  話では、娘さんに「デブ」と言われダイエットに励んだって・・・。相変わらずの楽しい紙切りでした。

トリは 柳亭市馬 の 「七段目」。  昨年の国立劇場50周年記念、「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」に引っ掛けたのかしら、と。  歌舞伎と、文楽と、落語と三段構えです。  
 
今週は、7日、大トリの小三治が楽しみです。