窓辺の風景 


所縁の能・狂言ー勧進能ー @国立能楽堂 12月26日
12/28/2020, 5:06 pm
Filed under: 能・狂言

本年最後の能楽堂です。 お庭は植木屋さんの植栽後のようで、さっぱりと、というか萩の枝もほとんどの下草も根本から綺麗さっぱりと剪定されていました。 いつもこんなに切ってしまうのでしたっけ? まぁ、春には新しい芽が出てくることでしょう。 どのくらい変わるのかも楽しみです。

狂言・大蔵流

米市

シテ/男 山本東次郎

アド/有徳人 山本泰太郎

能・宝生流

鞍馬天狗 天狗揃

前シテ/山伏 後シテ/大天狗 宝生和英

子方/牛若 水上 嘉

お元気な東次郎さんが 重そうにお米を担いだお姿。それに打掛を羽織りなんともユーモラスです。

「鞍馬天狗」子方の牛若丸。 そして舞台に白い髪の大天狗と赤い髪の七人の天狗。 およそ18畳の空間がとても狭く感じられます。 手に持っている羽も豪華ですし、天狗の衣装は派手で観ていても楽しいです。   今年もどうにか無事に年を越せますように、と天狗に頼みたくなってしまいます。    



粟田口勧進猿楽@国立能楽堂 12月12日
12/16/2020, 11:31 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流

猿婿

能・金春流

舎利

狂言は、なんと沢山の猿が猿語で会話をする、という楽しいもの。面白いことを考えるものです。 映画でも「猿の惑星」があるように、人間に近いからこんなお話が組みたてられるのでしょう。

お能は、足の速い鬼、足疾鬼(そくしっき)と足の速い仏、韋駄天との追いかけっこのお話。そうか、韋駄天は仏様だったんだ、と。「天」ですものね。佛様を守る神様でした。舞台に置かれた一畳台はある時は祭壇、そして舎利殿、さらに天井世界をも表します。ほんと、お能を観るときは頭を柔軟にしないとついていけません。それが面白いのですけどね。



能・定例公演 @ 国立能楽堂 11月4日
11/07/2020, 1:12 am
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流

 「若市」(にゃくいち)

能・金剛流

「龍田」

 面白いことに「狂言」の女性は強い人が多い。 この「若市」も花好きな尼僧が持っていたお花に言いがかりをつけ、それを奪い取って道に捨てた住持に仕返しをする、というお話。 なかなか痛快です。

「千早ふる 神代もきかず龍田川 からくれないに水くくるとは」在原業平の歌で有名なあの「龍田川」の龍田明神のお話。行ったことのない「龍田川」ですがよほど紅葉が綺麗なのでしょう。 紅葉にかけて衣装も素晴らしい。 日本の織物の素晴らしさを痛感します。



能楽堂定例公演 10月7日
10/15/2020, 12:34 am
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流

 金藤左衛門

能・観世流

 江口

 梅若万三郎の「謡」があまりに美しく艶やかなのに聴き入ってしまいました。けして大きな声ではないのに、はっきりと通るのです。 不思議です。

今日はいつもと違って脇正面の席、橋掛かりの近く。 観る場所によって大分感じが変わるので、たまには場所を変えるものいいかも、ですね。

  



企画公演◎素の魅力@国立能楽堂 9月25日
09/27/2020, 11:47 pm
Filed under: 能・狂言
脇語
「摂待」
小舞・大蔵流
「住吉」
仕舞・金春流
「遊行柳」 クセ
袴能・喜多流
「忠度」

とにかく「能」のこと、わからないことばかり。 でも、それが面白いの
かもしれません。 
仕舞は観たことがありますが、脇語・小舞・袴能、全く初めてです。  
よくはわからないにしても、「住吉」の山本東次郎、「忠度」の友枝昭世
なんて方々の舞台を見ることができたのは幸せなことなのだろう
と思います。 あのお年にして、あの動き。信じられません。 

朝敵であったために勅撰和歌集に歌が採られない忠度。でも俊成の温情で
「よみ人しらず」として千載和歌集に入れられた無念を能にするなんて。 
古今和歌集の「仮名序」には書かなかったことを「真名序」に書いて
紀貫之らが後世に何かを残したかったように、あの時代の「和歌」って
すごい力を持っていたのだと再確認。


国立能楽堂 ショウケース 7月22日
07/26/2020, 5:09 pm
Filed under: 能・狂言

解説 川口 晃平(シテ方観世流)

大蔵流
狂言 棒縛(ぼうしばり)
22日 大藏 基誠

観世流
能  土蜘蛛(つちぐも)
22日 山崎 正道

「棒縛」を観ると 勘三郎と三津五郎を思い出してしまう私。

土蜘蛛は先日NHKの教育テレビで詳しい解説がありました。 その時の映像に仏倒しがあったので、楽しみにしていたのですが、今回は省略ヴァージョンで残念ながら仏倒しはありませんでした。 最後にクモの糸を拾って機嫌よく帰宅。



国立能楽堂 ショウケース 7月21日
07/23/2020, 5:26 pm
Filed under: 能・狂言

解説 中村 昌弘(シテ方金春流)

和泉流
狂言 萩大名  

金春流
能  猩々  

金春流は地謡はグレーの覆面(マスク)です。 普通に切戸口から登場後、後ろを向いて装着。

「猩々」結構あっという間に終了でした。 歌舞伎では何回か観ていますけれど、お能は初めてです。
調べてみると「猩々乱(みだれ)」というのもあると。こちらも観たいものです。

驚いたことに、字幕が6ヶ国語対応に新しくなってる!! オリンピック仕様だそうです。



国立能楽堂定例公演 7月8日
07/09/2020, 10:52 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流
瓜盗人

能・喜多流
氷室
 
やっと少しずつ色々な公演が再開し始めました。
2月以来、4ヶ月ぶりの能楽堂です。 座席は市松模様になり、入場者数は半分。 やはり随分と観客が少なく感じます。その分観やすいのは確かです。 トイレは混まなくていいですけれど、ふと睡魔に襲われるととても目立ちそうです。

能「氷室」、初めてです。そしてこんなに鼓の演奏が入る能も初めてかな。 甲高い大鼓の音色が能楽堂に冴え渡り、迫力があります。 大鼓の音色って、緊張感があって大好きです。 
 
あとはコロナ禍が無事に収束してくれることを願うばかりです。