窓辺の風景 


文楽・第三部 @ 国立劇場小劇場 2月20日
02/21/2020, 1:00 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

傾城恋飛脚
  新口村の段
鳴響安宅新関
  勧進帳の段

「新口村」 忠兵衛は玉佳くん、頑張っています。
やっぱり上手い、玉也さん。 

「勧進帳」の弁慶は三人出遣い、うーん、出遣いでなくてもいいのでは・・って思ってしまう。 でも、左遣いで、玉佳くん登場。 
七棹並んだ三味線は圧巻です。延年の舞から大合奏。 調弦を変えながら凄い迫力、なかなかこんな合奏を聴くチャンスはありません。 堪能しました。  籐太夫も熱演。 藤太夫・藤蔵のコンビ聴き惚れました。

それにしても、コロナの影響もあるのか一、二部に比べて空席が目立ちます。 ただ、2月の三部制はやめてほしいのが本音です。 3回分の入場料は高すぎます。

5月は「義経千本桜」 来月の国立劇場は菊之助の「義経千本桜」 これも三部。 う〜〜〜ん 高い。



新春大歌舞伎・夜の部 @ 歌舞伎座 1月5日
01/08/2020, 3:00 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、義経腰越状
二、澤瀉 十種の内
  連獅子
三、鰯売戀曳網

やはり華やかな新春大歌舞伎。
「連獅子」では、亀ちゃん・・じゃなくて猿之助が立派なお父さん獅子。團子くん、高校生になったのかしら。 こんな形の連獅子を見ることができるとは思っていませんでした。 楽しかったです。

「鰯売戀曳網」 勘三郎が勘九郎の時代、玉三郎と共演していました。 今の勘九郎、七之助では2回目。やっぱり勘三郎に似ているな、と思うのは、それだけ勘三郎の記憶が鮮明なのかもしれません。印象が強烈だったのですね。 これから勘九郎らしさが出てくるのが楽しみです。



『近江源氏先陣館―盛綱陣屋―』と『蝙蝠の安さん』 @ 国立劇場 12月19日
12/21/2019, 11:30 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

染五郎抜きの 白鴎と幸四郎の舞台です。
今月、染五郎くんはどこにいるのでしょうね。

白鴎の盛綱、幸四郎は信楽太郎。 魁春の篝火、高麗蔵の早瀬。

『盛綱陣屋』の小四郎を染五郎が演じていたのを思いだした。 確か盛綱は仁左衛門でしたっけ。

今回、何故かいつもより義太夫の文楽回しが多いような気がします。 これってどこからどこまでを一人で、と決まっていないのですね。 初めて知りました。

『蝙蝠の安さん』 チャップリンの「街の灯」を元に劇作家の木村錦花が、主人公のキャラクターを、歌舞伎の名作『与話情浮名横櫛』の蝙蝠の安五郎(やすごろう)に脚色した異色作。   チャップリンの大ファンである幸四郎が、念願の安さんを演じています。

面白いことは面白いけれど、めちゃくちゃ面白くはない。  12月、師走。 歌舞伎座も国立もなんとなく不思議な演目でした。



十二月大歌舞伎  12月17日
12/18/2019, 12:46 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、神霊矢口渡
  頓兵衛住家の場
二、本朝白雪姫譚話

「神霊矢口渡」何回か観ているのですが、かすかな記憶のみ。 でも、今日の舞台の「梅枝」は記憶に残りそうです。  

俳優祭ではありません。 「本朝白雪姫譚話」 
ちょっと無理があるかな、っていうのが感想です。 
着物が随分話題になっているようです。 確かに素晴らしい、でも・・・・。



十二月大歌舞伎・昼の部 @ 歌舞伎座 12月8日
12/09/2019, 10:54 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

たぬき
村松風二人汐汲
壇浦兜軍記
 阿古屋

「たぬき」 前回は「三津五郎」の金兵衛。 今回は「中車」 なんか舞台の進行がちょっとチグハグな感。なんでなのかしら。 まだ1週間だから・・。

謡曲「松風」を素材にした舞踊「汐汲」。これで 能、舞踊、オペラ 全ての「松風」を観ることができました。 それとも、まだあるのでしょうか。

今日の「阿古屋」は 玉三郎。流石に美しい。 去年は梅枝の「阿古屋」。児太郎も観てみたい。
ところで、功一って・・? 調べたら坂東功一。 玉三郎の弟子なのね。 二枚目、良い男です。



文楽 @ 国立小劇場 12月5日
12/07/2019, 10:16 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一谷嫩軍記
  陣門の段
  須磨浦の段
  組討の段
  熊谷桜の段
  熊谷陣屋の段

熊谷直実、相模、藤の局は前半、後半のダブルキャスト。 久しぶりにお会いしたYさんは、千秋楽にまた観に来られると。 直実、前半は吉田玉志。 よかったです。  
熊谷陣屋 浄瑠璃は 織太夫・燕三、靖太夫・錦糸。 

次回は2月。 嫌いな三部公演です。 



文楽鑑賞教室  @ 国立小劇場 12月5日
12/07/2019, 9:37 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

伊達娘恋緋鹿子
 火の見櫓の段
平家女護島
 鬼界ヶ島の段

ちょっと遅れてしまったので、「火の見櫓」には間に合わず、解説と「鬼界ヶ島」だけ。 
鑑賞教室の解説。 義太夫・三味線、そして人形の手足・顔の動き観客の学生たちは拍手喝采です。
「鬼界ヶ島」は玉男の俊寛と勘十郎の千鳥。 ふと先代の玉男・簑助コンビを思い出していました。

この日はBプロ。 文字久太夫改め藤太夫。 ちょうど席は床の下。 大汗をかいての藤太夫の熱演でした。  文字久さん、襲名ではなく改名なので披露なし。 

Aプロは呂勢太夫が病気休演で、千歳太夫が代役でした。 ちょっと心配です。