窓辺の風景 


国立能楽堂・定例公演 1月5日
01/07/2022, 12:09 am
Filed under: 能・狂言

新年、最初の観劇は能楽堂です。お正月気分もコロナでなんとなく冴えません。  

それでも能楽堂の入り口には松飾、広間には大きなお供え餅、そして舞台にはしめ縄が飾られ清々しい気分にさせてくれます。

能・宝生流

松尾

面・小尉(こじょう)/老翁 神体(じんたい)/松尾明神

老翁と打って変わり、まるで別人が演じているような颯爽とした松尾明神の足取り。ちょっとびっくりしました。

狂言・大蔵流

筑紫奥


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。