窓辺の風景 


時今也桔梗旗揚 @ 国立劇場 3月16日
03/18/2021, 4:19 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

入門歌舞伎の”明智光秀”

片岡亀蔵

鶴屋南北 作

中村吉右衛門 監修

時今也桔梗旗揚

武智光秀 尾上菊之助

小田春水 坂東彦三郎

秀光妻皐月 中村梅枝

森蘭丸 中村萬太郎

光秀妹桔梗 坂東新伍

森力丸 中村鷹之資

山口玄蕃 中村吉之丞

住職日和上人 片岡亀蔵

連歌師宇野丈巴 河原崎権十郎

安田作兵衛 中村又五郎

国立劇場の前のお庭の黒侘助や雪柳は満開、桜もちらほらと咲き始めていました。 あと一週間もすれば桜も満開でしょう。 

最初に亀蔵の”明智光秀”入門があるのでわかりやすいです。 明智の「水色桔梗の家紋」の話を聞いて、あの当時の染物の草木染めで水色って何で染めたのかしら、と帰ってから調べると藍の生葉で綺麗な水色が染まるようです。  確かに「藍染」に使う「藍」は発酵させてから何度も浸けて色を出すようです。

昨年3月は菊之助の「義経千本桜」上演のはずだったけ、なんて思いながらの観劇です。  今回は吉右衛門にも実際にお稽古をしてもらった、と歌舞伎公演ニュースにも書いてありましたが、花道でのちょっとした仕草、科白が吉右衛門そっくりです。  でも、私は世話物も観たいな。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。