窓辺の風景 


ワルキューレ @ 新国立劇場 3月17日
03/18/2021, 11:29 pm
Filed under: オペラ

コロナ禍の中、新国立劇場は頑張っています。 今回もワルキューレ開催です。 

今年のワグナー祭り 「タンホイザー」「ワルキューレ」「パルジファル」 の2番目までは無事漕ぎ着けました。

指揮:大野和士

原演出:ゲッツ・フリードリヒ

美術・衣装:ゴットフリート・ピルツ

照明:キンモ・ルスケラ

再演演出:澤田康子

舞台監督:村田健輔

管弦楽 : 東京交響楽団

ジークムント:村上敏明(第1幕)、秋谷直之(第2幕)

フンディング:長谷川 顯

ヴォータン:ミヒャエル・クプファー=ラデツキー

ジークリンデ:小林厚子

ブリュンヒルデ:池田香織

フリッカ:藤村実穂子

ゲルヒルデ:佐藤路子

オルトリンデ:増田 のり子

ヴァルトラウテ:増田弥生

シュヴェルトライテ:中島郁子

ヘルムヴィーゲ:平井香織

ジークルーネ:小泉詠子

グリムゲルデ:金子美香

ロスヴァイセ:田村 由貴絵

今回は 大野和士さんがyoutubeで説明していますが アッバス版という オケは多少の縮小サイズになっているようですが、ほとんど気になりませんでした。 というかこれで十分だったかも。  

それにしてもジークムントを二人で分けるというのはよく考えたものです。 歌舞伎の通し狂言だと、あれ、さっきの義経と違うよね、あれ力弥も顔が違う・・・なんてこともよくありますけど。

ただ一人、予定通りは藤村実穂子さん。 もう慣れている「フリッカ」見事でした。 ブリュンヒンデ、池田香織さんも素晴らしかった。 今回はとても気合が入っていたので4時間が短く感じるほど。さぁ、残すところは「パルジファル」。 神に祈るしかありません。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。