窓辺の風景 


二月大歌舞伎 第一部 @ 歌舞伎座  2月16日
02/17/2021, 4:36 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、本朝二四孝  十種香

二、泥棒と若殿

「十種香」  魁春の八重垣姫、門之助の勝頼、孝太郎の濡衣。 謙信は錦之介。

魁春の八重垣姫に驚きました。 若くて可愛らしくて。  思わず「すごい!!」      香を焚いている八重垣姫を観ながら、昨年香道、御家流の香席に参加した時のことを思い出しました。 その席で聞いた伽羅の香りの素晴らしかったこと。 いままで家で焚いていたのは「伽羅」でもスティック型のお香で、あまりの違いに驚いてお伺いすると、香木とお線香では全く別物と。 また、同じ伽羅でも香木によって香りも違うとのこと。 内緒のお話ではとても高価な「伽羅」だったとか。  

十種香、どんなお香を焚いたのでしょうか。

浄瑠璃は葵太夫。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。