窓辺の風景 


国立能楽堂定例公演  1月6日
01/09/2021, 10:46 pm
Filed under: 能・狂言

 今年最初の能楽堂。 入り口には大きな松飾り。 もちろん舞台にはしめ縄が飾ってあります。前回からほんの一週間ですが、なんとなくとても時間が経ったような気がします。

素謡・観世流

神歌

翁 角寛次郎

千歳 角 幸二郎

「とうとうたらりたらりら たらりあがりららりとう」 えっなぁに?これって? と思いながら聴くも、お声の良さに惹きつけられます。 最後は「万歳楽・万歳楽・万歳楽」ーめでたしめでたしーなのでしょう。 


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。