窓辺の風景 


バッハ・コレギウム・ジャパン《第九》@オペラシティ 12月27日
12/31/2020, 11:27 pm
Filed under: コンサート

べートーヴェン生誕250年記念 で急遽決まったB.C.Jの第九演奏会。 今年は珍しく2回目の第九です。

指揮:鈴木雅明

オルガン:鈴木優人

ソプラノ:森 麻季

アルト:林 美智子

テノール: 櫻田 亮

バス:加耒 徹

合唱&管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(オルガン独奏)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付き》

オルガン独奏で始まったコンサート、今年あった色々なことが思い出されます。

ピリオド楽器で演奏される第九。楽器のアンサンブルが違って聴こえ、今までは聴き取れなかった旋律が聴こえてきます。 第九の不気味な出だしや、3楽章が教会のミサの響きに聴こえたり耳がダンボ状態。そして4楽章。加耒さんのバリトンがあのオペラシティに響き渡ると、思わず落涙。ついつい合唱を歌いたくなってしまい、マスクの下で東響と時と同様、口パクでした。

さぁ、今年のコンサート納めです。 中止・延期になったコンサートも多々ありました。 来年がどうなるかまだわかりませんが、コンサート、お芝居、美術展早く今まで通りになって欲しいものです。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。