窓辺の風景 


10月歌舞伎公演 第二部@国立劇場 10月20日
10/22/2020, 3:55 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

河竹黙阿弥 作

新皿屋鋪月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)

ー魚屋宗五郎ー

  序幕  片門前魚屋宗五郎の内の場

  二幕目 磯部亭玄関先の場

  同   庭先の場

岡村柿紅 作

太刀盗人

 菊五郎の「宗五郎」。 今年、2月の文七元結の「左官長兵衛」以来 本当に久しぶりの菊五郎。 とても元気で若返った感じで、フットワークの軽い足取りです。 菊五郎の世話物はやはり天下一品です。

太刀盗人は松緑とダブル亀蔵。  


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。