窓辺の風景 


J.S.バッハ《ミサ曲 ロ短調》BWV232@オペラシティ 9月20日
09/24/2020, 6:33 pm
Filed under: コンサート

コロナ禍が少し収束に向かい始め、少しずつ元どおりの生活。 1週間あっちへこっちへ。 連日のオペラシティに心も弾みます。

バッハ・コレギウム・ジャパンの「三大宗教曲を聴くⅡ」マタイ受難曲に続いてのミサ曲 ロ短調。 市松模様に座席は満席です。 

澤江衣里(ソプラノⅠ)                           松井亜希(ソプラノⅡ)                           布施奈緒子(アルト)                            西村 悟(テノール)                            加耒 徹(バス)                              バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱と管弦楽)                鈴木優人(指揮)

コレギウム・ジャパンのコンサートは古楽器を聴くことができてとても楽しい。コルノ・ダ・カッチャの独奏は最高でした。 一体どうやって音程を作っているのでしょうか、ただの「丸まってる管」だけなのに。                  テノールの西村さんをはじめ素晴らしい演奏でした

訳はラテン語と日本語が紐づけられていてとてもわかりやすい。 そっか、「ドナ・ノービス・パーチェム」って「われらに平安を与えたまえ」だったんだ、と聖歌のメロディまで浮かんできてしまいました。

素敵な日曜日の午後の贈り物でした。次回のヨハネ受難曲も楽しみです。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。