窓辺の風景 


東響定期演奏会@オペラシティ 7月18日
07/19/2020, 12:21 am
Filed under: コンサート

指揮: ジョナサン・ノット[映像出演]
コンサートマスター: 水谷 晃

ベンジャミン・ブリテン: フランク・ブリッジの主題に夜変奏曲
ドヴォルザーク: 交響曲第8番 ト長調 op.88

今日は東響の団員の弦楽器の方はマスク着用です。 昨日の東フィルは当日チケットとして郵送されてきたハガキに名前・住所を書き帰る時に回収していました。 今日の東響は自分でチケットの半券を切るやり方。 会場入り口はどちらも検温・消毒をしていました。

2週間ほど前でしょうか、東響から演奏会の通知が届き ジョナサン・ノット[映像出演]と明記してあったので、一体どんな方法をとるのかと、興味津々です。

1曲目のブリテンは指揮者なし。 弦楽4重奏で、編成も小さいですが、コンサートマスター大活躍でしょうか。 初めてのブリテンの曲を聴くことができて大満足。

さて、映像出演のドヴォルザーク。 えーーー舞台に4枚のモニターが。 映ってる、あれは確かにジョナサン・ノット。 燕尾服を着て、指揮棒を持って、3人のノットが団員に向かって立っています。
でも、でも、映像と演奏の音のズレはどうするのさ?と。 ノットが音を聴きながら指揮をするって、できるの?と、私の頭は?????。 
プログラム・ノートの最後に辻 敏さん(東響事務局長)のエッセイが載っていました。「ノットは演奏を聴かずに指揮をしてその映像を撮る。 東響は映像に合わせるリハーサルをやるのではなく、ノットのスコアをもとに音作りをして本番だけ映像を見るくらいのイメージにする」 お見事でした。私の席はとてもよくノットの棒が見える場所です。 確かにノットが指揮がした東京交響楽団の演奏でした。 コロナがなければ思いもつかないコンサートです。 本流ではないにしろ、こんなこともやってみた、こんなこともできるんだ、ということでしょう。 ノットと東響の信頼関係のなせる技の演奏会でした。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。