窓辺の風景 


国立能楽堂定例公演 7月8日
07/09/2020, 10:52 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流
瓜盗人

能・喜多流
氷室
 
やっと少しずつ色々な公演が再開し始めました。
2月以来、4ヶ月ぶりの能楽堂です。 座席は市松模様になり、入場者数は半分。 やはり随分と観客が少なく感じます。その分観やすいのは確かです。 トイレは混まなくていいですけれど、ふと睡魔に襲われるととても目立ちそうです。

能「氷室」、初めてです。そしてこんなに鼓の演奏が入る能も初めてかな。 甲高い大鼓の音色が能楽堂に冴え渡り、迫力があります。 大鼓の音色って、緊張感があって大好きです。 
 
あとはコロナ禍が無事に収束してくれることを願うばかりです。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。