窓辺の風景 


新春大歌舞伎・夜の部 @ 歌舞伎座 1月5日
01/08/2020, 3:00 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、義経腰越状
二、澤瀉 十種の内
  連獅子
三、鰯売戀曳網

やはり華やかな新春大歌舞伎。
「連獅子」では、亀ちゃん・・じゃなくて猿之助が立派なお父さん獅子。團子くん、高校生になったのかしら。 こんな形の連獅子を見ることができるとは思っていませんでした。 楽しかったです。

「鰯売戀曳網」 勘三郎が勘九郎の時代、玉三郎と共演していました。 今の勘九郎、七之助では2回目。やっぱり勘三郎に似ているな、と思うのは、それだけ勘三郎の記憶が鮮明なのかもしれません。印象が強烈だったのですね。 これから勘九郎らしさが出てくるのが楽しみです。



能 定例公演 @ 国立能楽堂 1月4日
01/08/2020, 2:34 pm
Filed under:

能・観世流
「西王母」
狂言・大蔵流
「財宝」

今日は脇能、「西王母」なので、いつもの狂言・能の順番ではなく、お能が先です。 お正月ですものね。

宮殿に見立てた作り物が舞台に運び込まれ、その中に登場した帝王が座ります。 お能のあの小さな舞台だからでしょうか、簡略化された作り物が不思議に納得します。 そのあと桃の小枝を持った女性が登場。
後場では西王母に変わったシテが、三千年に一度花咲き実を結ぶというめでたい桃の実を持って現れ舞を舞います。 中国の掛け軸の絵によく「桃の実」が描かれているのは、このくらい縁起の良いことだったのだ、と変に納得しました。

狂言は大好きな山本東次郎さんの「財宝」。 今年も笑わせてください。