窓辺の風景 


『近江源氏先陣館―盛綱陣屋―』と『蝙蝠の安さん』 @ 国立劇場 12月19日
12/21/2019, 11:30 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

染五郎抜きの 白鴎と幸四郎の舞台です。
今月、染五郎くんはどこにいるのでしょうね。

白鴎の盛綱、幸四郎は信楽太郎。 魁春の篝火、高麗蔵の早瀬。

『盛綱陣屋』の小四郎を染五郎が演じていたのを思いだした。 確か盛綱は仁左衛門でしたっけ。

今回、何故かいつもより義太夫の文楽回しが多いような気がします。 これってどこからどこまでを一人で、と決まっていないのですね。 初めて知りました。

『蝙蝠の安さん』 チャップリンの「街の灯」を元に劇作家の木村錦花が、主人公のキャラクターを、歌舞伎の名作『与話情浮名横櫛』の蝙蝠の安五郎(やすごろう)に脚色した異色作。   チャップリンの大ファンである幸四郎が、念願の安さんを演じています。

面白いことは面白いけれど、めちゃくちゃ面白くはない。  12月、師走。 歌舞伎座も国立もなんとなく不思議な演目でした。


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。