窓辺の風景 


七月大歌舞伎・昼の部 7月14日
07/15/2019, 12:43 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、高時
二、西郷と豚姫
三、素襖落
四、外郎売

確か、「高時」は明治座ででしたっけ、右團次が演じてました。 「天狗」の身体能力の高さに驚くのと、寿猿が先月に続いて元気に活躍しているのを観て心の中で頑張れ!!です。

今月は海老蔵、素襖落から出ずっぱり。 昨夜のブログで夜の部、声が出なくなったって書いてあったので心配していましたが、どうにか普通に声は出ているようです。 「外郎売」は勸玄くんの見事に早口言葉を喋り切りました。 大したものです。 来年の襲名には何を演るのでしょうね。

追記  やはり海老蔵、体調不良で今日・15日の夜は休演と。 以前猿之助(猿翁)のスーパー歌舞伎でやはり猿之助体調不良で、右近(右團次)が代役を勤めたことがありました。 その時はあまりに姿形・声までそっくりなのに本当にびっくり。 歌舞伎の役者ってすごいなって思いましたが、オペラでも必ずカヴァーを用意しているから同じですね。 でも、今回の海老蔵の場合「代役」無理ですよね。 この後大変そうです。 


コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。