窓辺の風景 


四月大歌舞伎・昼の部 4月11日
04/12/2019, 1:22 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、平成代名残絵巻
二、新版歌祭文
三、寿栄藤末廣
四、御存鈴ヶ森

今月は「新版歌祭文」があるので両花道。 なんとなく舞台が広く感じます。 
「平成代名残絵巻」では福助が一月に続き「常盤御前」で登場。  ただこの常盤御前の場面、「山門」と瓜二つ。 何かパロディなのかしら、と思ってしまいます。 
 福助、調子は良くなっているようです。 福助の回復とともに児太郎が良くなっているように感じるのは偶然でしょうか。 遮那王の児太郎、巳之助と両花道の引っ込み。ちょっと見入ってしまいました。

「新版歌祭文」今回は「野崎村」の前に始めて観る「座摩社」が上演されました。 人形浄瑠璃では観たことがあったのか?ちょっと記憶が曖昧です。 錦之助がはまっています。  「野崎村」は初めての時蔵のお光。なかなか器用に大根を切っていました。

最後の「鈴ヶ森」流石の人間国宝コンビ。 菊五郎と吉右衛門。 遠目には十分若く見える菊五郎の「権八」とこのところ本当に元気な吉右衛門の「長兵衛」。あの羽織を畳む仕草が大好きです。 
来月の團菊祭も楽しみです。

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。