窓辺の風景 


読響定期演奏会@サントリーホール 1月18日
01/19/2019, 12:00 am
Filed under: コンサート

指揮: 山田和樹
ピアノ: 小菅 優
コンサートマスター: 長原幸太

諸井三郎: 交響的断章
藤倉 大: ピアノ協奏曲 第3番<インパルス>
ワーグナー: 舞台神聖祭典劇<パルジファル>から 第一幕への前奏曲
スクリャービン: 交響曲 第4番<法悦の詩>
アンコール:藤倉 大 :ウェイヴス

山田和樹X読響 3日目です。乾燥している冬、弦楽器がとても綺麗です。 

 諸井三郎の交響曲 プログラムノートに書かれている「後期ロマン派の交響詩を思わせる」というのがよくわかる曲です。 合唱曲しか知らなかった私。 今度はピアノソナタの楽譜でも見てみたいですね。
 藤倉大さんのピアノ協奏曲、小菅優さんのピアノは「流石」の一言。 曲の途中、ピアノのソロはまるでジャスのインプロビぜーション。 ピアノの高音とシロフォン・・だと思う、の掛け合いを聴きながら、やっぱりピアノの打楽器的要素をうまく使っているののを楽しく聴く。
 そして何と言っても「法悦の詩」 まるで体内の水分がオケの振動と共鳴しているような快感。 これって生の演奏会でしか感じることのできません。 最高でした。 で、今日もアンコールがあるかと思って待っていたのですが残念、ありませんでした。

ウーーン 山田和樹恐るべし。 しかし、読響の定期まで手を出したら・・大変なことになる・・でも・・どうしよう。

広告