窓辺の風景 


通し狂言 増補双級巴 (ぞうほふたつどもえ)@国立劇場 12月26日
12/29/2018, 12:18 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

通し狂言 増補双級巴 (ぞうほふたつどもえ)
―石川五右衛門(いしかわごえもん)―
中村吉右衛門宙乗りにて
つづら抜け相勤め申し候
発 端 芥川の場
序 幕 壬生村次左衛門内の場
二幕目 第一場 大手並木松原の場
第二場 松並木行列の場
三幕目 第一場 志賀都足利別館奥御殿の場
第二場 同 奥庭の場
第三場 木屋町二階の場
大 詰 第一場 五右衛門隠家の場
第二場 藤の森明神捕物の場

今年の見納めのお芝居です。 そして国立劇場も12月公演、千秋楽。
それにしても、吉右衛門、出ずっぱりで、舞台を所狭しと駆け回ってます。元気です。 これを24日間、毎日続けていたなんて驚いてしまいます。 

三幕目で、吉右衛門の宙乗り、「つづら抜け」の後 「金門五三の桐」のパロディ。流石に鷹が手紙を咥えてはきませんでしたが、菊之助が菊五郎とダブって見えます。 周りの方達にあの柄杓で手裏剣を受け止めるところ、ものすごく受けていました。 そして最後、捕物の大立ち回り。 

今年一年、予定をしていたコンサート、お芝居、美術展、全て楽しく観たり聴いたりできました。来年も楽しまなくちゃ。

国立劇場の「蝋梅」二輪ほど咲いていました。 1月のお芝居の時にはもう少し・・でも、寒波の年越しでどうなるでしょう。

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。