窓辺の風景 


人形浄瑠璃文楽公演@国立劇場 12月13日
12/16/2018, 2:21 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

鎌倉三代記
  局使者の段        豊竹希太夫、鶴澤清馗
  米洗いの段        豊竹靖太夫、野澤錦糸
  三浦之助母別れの段    竹本文字久太夫、鶴澤藤蔵
  高綱物語の段       竹本織太夫、鶴澤清介

伊達娘恋緋鹿子
  八百屋内の段       竹本津駒太夫、竹澤宗介
  火の見櫓の段       豊竹芳穂太夫、野澤勝平
               竹本南都太夫、野澤清公 
               豊竹亘太夫、野澤錦吾
               竹本碩太夫、鶴澤清允

鎌倉三代記、「入れ墨の段」から上演してくれると、もう少し理解が早くできます。 でも、この「入れ墨の段」 って歌舞伎では観たことがありません。 なんで?

「三姫」のうちの「赤姫」、赤い着物を着ているから赤姫、『赤い着物』と限定されているわけではないとは書いてありますが、今まで「赤」い着物ではない時姫は観たことがありません。今回の時姫、人形は吉田勘彌。 
高綱物語の段、襲名してから急に貫禄がついたような織太夫です。 

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。