窓辺の風景 


「不思議の国のアリス」@新国立劇場 11月4日
11/05/2018, 8:29 am
Filed under: バレエ

不思議の国のアリス

アリス: 米沢 唯
庭師ジャック/ハートのジャック: 渡邊峻郁
ルイス・キャロル/白うさぎ: 奥村康祐
アリスの母/ハートの女王: エイミー・ハリス
アリスの父/ハートの王: 輪島拓也
手品師/マッドハッター: ジャレッド・マドゥン
ラジャ/イモ虫: 井澤 駿
料理女: 本島美和
3人の庭師: 井澤 諒・原 健太・渡邊拓郎

音楽: ジョビー・タルボット
振付: クリストファー・ウィールドン
装置・衣装: ボブ・クロウリー
台本: ニコラス・ライト
照明: ナターシャ・カッツ

指揮: ネイサン・ブロック
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

ホールに入ると、ドミ♪・レファ♪・ミソ♪・・・ チューバです。 へぇ、チューバもハノンなんだ、と変に納得。 今回初めての曲です、そりゃオケも大変だと思います。

数年前NHKのプレミアムシアターで、ロイヤルバレエの公演「不思議の国のアリス」の放送がありました。 その時、楽しい作品だな、と思ったのを覚えています。 「ペンギン・カフェ」と同じようなタイプの作品ですが、新国立バレエ団にはとてもあっているように思います。

とにかく楽しい、目も楽しいし、耳も楽しい、全てです。 思わず体が揺れてしまう私。  ジャレット・マドゥンのタップと音楽の見事な掛け合いも素晴らしい。 唯さんのアリスも可愛らしく素敵です。
数年前から本島美和さんがキャラクター・ダンサーとして登場することが多くなりました。 今日の公演では”料理女” 見事なまでのなりきり。 ”ハートの女王”も観てみたい、とカレンダーとにらめっこです。

と書き終わった後、今読んでいる本「裁判の正体」に「不思議の国のアリス」の裁判の話が出てきたのです。 第三幕のお話です。ハートの王様が面倒な裁判を終えたいための「早く陪審員に評決させよ、評決させよ」というと、王女が「いや、刑の言渡しが先、評決は後じゃ」と言ったのでアリスが「先に言渡しをするなんて馬鹿げている」と言ってトランプをひっくり返し目を覚ます、ということだったそうです。

読んだことがなかったのです「不思議の国のアリス」。 読んでみたくなりました。 

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。