窓辺の風景 


N 響コンサート@オペラシティ 11月1日
11/04/2018, 8:32 am
Filed under: コンサート

指揮: 高関 健
ピアノ: パスカル・ロジェ
管弦楽: NHK交響楽団

デュカス: 交響詩「魔法使いの弟子」
ラヴェル: 道化師の朝の歌
ラヴェル: スペイン交響曲
サン=サーンス: ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22
アンコール: サティ 『グノシェンヌ』第5番
ラヴェル:  ボレロ

オールフランスものです。 今回のブラボーは「ファゴット」。 お見事でした。
「魔法使いの弟子」は9月の日フィルx山田和樹でも聴きました。 今、流行りかな。
サン=サーンス ピアノコンチェルト、大好きな3楽章 タランテラ。 パスカル・ロジェは軽やかなタッチでフィニッシュ。 
そして圧巻の「ボレロ」 こんなオーケストレーションを思いつくラヴェルは天才です。 ちょっとのミスはあったものの、あの響の良いオペラシティの隅々まで『音』が飛び跳ねていました。 楽しかった。 肩の痛みであまり拍手はできなかったことN響の皆さん、お許しください。
ピアノのアンコール、サティ?と思ったもののなんの曲だろう、聴いたことがない・・・。グノシェンヌ5番と貼ってありました。 3番までの楽譜は持っていたので調べたらグノシェンヌは6番まであり、唯一その中で小節線がある曲とのこと。 で、楽譜を見つけたら、聴いていると何回繰り返して弾いているのだろう、って聴こえるのですが、さにあらず、少しづつ違うメロディなのです。 ちょっと弾いてみましょう。

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。