窓辺の風景 


河村尚子 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ・プロジェクトVol.2@紀尾井ホール 11月29日
11/29/2018, 10:53 pm
Filed under: コンサート

ベートーヴェン 
ピアノソナタ第18番 変ホ長調 op.31-3
ピアノソナタ第21番 ハ長調 op.53《ワルトシュタイン》
ピアノソナタ第24番 嬰ハ長調 op.78 《テレーズ》
ピアノソナタ第23番 へ短調 op.57 《熱情》

あれっ、いつから「テレーゼ」じゃなくて「テレーズ」になったのかな・・・なんと「テレーズ」ってハンガリーの伯爵令嬢でハンガリー名が「ブルンスヴィク・テレーズ」なんですって。

河村さんのベートーヴェンプロジェクト、前回は聴き逃してしまい今回が初めてです。 それにしてもなんと自由で思い切りの良い演奏なのでしょう。 気持ちの良いテンポでリズムよく音楽が弾んでいます。 ワルトシュタインの3楽章、最後のユニゾンのスケールは両手でした。  24番と23番が入れ替わり、《熱情》で最高潮、凄まじい迫力です。 今月は都響とのプロコのp協奏曲も良かったし、ただ今年心残りは5月の読響との《不安な時代》を聴き損ねたこと。 来年のプロジェクトvol.3のチケットも早々に手に入れました。5月が楽しみです。
アンコールはなんとなく予感していた《エリーゼのために》。

広告


N響定期公演@NHKホール 11月25日
11/26/2018, 11:46 pm
Filed under: コンサート

指揮: 広上淳一
オルガン: 鈴木優人
ゲストコンサートマスター: 白井 圭

バーバー: シェリーによる一場面のための音楽 作品7
コープランド: オルガンと管弦楽のための交響曲
アイヴズ: 交響曲 第2番

広上さん、踊っています、指揮台の上で。 見ているだけで楽しくなります。
あまり知られていない作曲家のコンサートは、なかなか集客が難しいのでしょうが、初めて聴く曲も興味深いものです。 それに空いているとのびのびと座っていられるますしね。

9月からプログラムの表紙のデザインが変わり、むむ、今月のこのデザインはなんなのだろう、と思いながらホールへ入りバーバーが終わり2曲目、ホール右手に・・そうか オルガンのパイプだ。 毎月のN響の公演ですがこのプログラムの表紙は黒と白のコントラストも綺麗でスッキリとしていて楽しみの一つです。



「不思議の国のアリス」@新国立劇場 11月4日
11/05/2018, 8:29 am
Filed under: バレエ

不思議の国のアリス

アリス: 米沢 唯
庭師ジャック/ハートのジャック: 渡邊峻郁
ルイス・キャロル/白うさぎ: 奥村康祐
アリスの母/ハートの女王: エイミー・ハリス
アリスの父/ハートの王: 輪島拓也
手品師/マッドハッター: ジャレッド・マドゥン
ラジャ/イモ虫: 井澤 駿
料理女: 本島美和
3人の庭師: 井澤 諒・原 健太・渡邊拓郎

音楽: ジョビー・タルボット
振付: クリストファー・ウィールドン
装置・衣装: ボブ・クロウリー
台本: ニコラス・ライト
照明: ナターシャ・カッツ

指揮: ネイサン・ブロック
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

ホールに入ると、ドミ♪・レファ♪・ミソ♪・・・ チューバです。 へぇ、チューバもハノンなんだ、と変に納得。 今回初めての曲です、そりゃオケも大変だと思います。

数年前NHKのプレミアムシアターで、ロイヤルバレエの公演「不思議の国のアリス」の放送がありました。 その時、楽しい作品だな、と思ったのを覚えています。 「ペンギン・カフェ」と同じようなタイプの作品ですが、新国立バレエ団にはとてもあっているように思います。

とにかく楽しい、目も楽しいし、耳も楽しい、全てです。 思わず体が揺れてしまう私。  ジャレット・マドゥンのタップと音楽の見事な掛け合いも素晴らしい。 唯さんのアリスも可愛らしく素敵です。
数年前から本島美和さんがキャラクター・ダンサーとして登場することが多くなりました。 今日の公演では”料理女” 見事なまでのなりきり。 ”ハートの女王”も観てみたい、とカレンダーとにらめっこです。

と書き終わった後、今読んでいる本「裁判の正体」に「不思議の国のアリス」の裁判の話が出てきたのです。 第三幕のお話です。ハートの王様が面倒な裁判を終えたいための「早く陪審員に評決させよ、評決させよ」というと、王女が「いや、刑の言渡しが先、評決は後じゃ」と言ったのでアリスが「先に言渡しをするなんて馬鹿げている」と言ってトランプをひっくり返し目を覚ます、ということだったそうです。

読んだことがなかったのです「不思議の国のアリス」。 読んでみたくなりました。 



N 響コンサート@オペラシティ 11月1日
11/04/2018, 8:32 am
Filed under: コンサート

指揮: 高関 健
ピアノ: パスカル・ロジェ
管弦楽: NHK交響楽団

デュカス: 交響詩「魔法使いの弟子」
ラヴェル: 道化師の朝の歌
ラヴェル: スペイン交響曲
サン=サーンス: ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22
アンコール: サティ 『グノシェンヌ』第5番
ラヴェル:  ボレロ

オールフランスものです。 今回のブラボーは「ファゴット」。 お見事でした。
「魔法使いの弟子」は9月の日フィルx山田和樹でも聴きました。 今、流行りかな。
サン=サーンス ピアノコンチェルト、大好きな3楽章 タランテラ。 パスカル・ロジェは軽やかなタッチでフィニッシュ。 
そして圧巻の「ボレロ」 こんなオーケストレーションを思いつくラヴェルは天才です。 ちょっとのミスはあったものの、あの響の良いオペラシティの隅々まで『音』が飛び跳ねていました。 楽しかった。 肩の痛みであまり拍手はできなかったことN響の皆さん、お許しください。
ピアノのアンコール、サティ?と思ったもののなんの曲だろう、聴いたことがない・・・。グノシェンヌ5番と貼ってありました。 3番までの楽譜は持っていたので調べたらグノシェンヌは6番まであり、唯一その中で小節線がある曲とのこと。 で、楽譜を見つけたら、聴いていると何回繰り返して弾いているのだろう、って聴こえるのですが、さにあらず、少しづつ違うメロディなのです。 ちょっと弾いてみましょう。