窓辺の風景 


東響定期演奏会 @ オペラシティ 9月29日
10/01/2018, 4:59 pm
Filed under: コンサート

指揮: マクシム・エメリャニチェフ
ピアノ: スティーヴン・ハフ
コンサートマスター: 水谷 晃

メンデルスゾーン: 序曲「フォンガルの洞窟」
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
ブラームス: 交響曲 第1番 ハ短調 作品68

台風の影響で雨降りの土曜日。 オペラシティのホール、席は結構埋まっています。

まだとても若い指揮者、マクシム・エメリャニチェフ。 なんとなくスケート選手のプルシェンコに似ている感じがするのは、髪の毛の長さとロシア人だから・・? 指揮棒は使わずしなやかな手の動きでオケを引っ張っています。

オケの配置は正面奥にコントラバス、珍しいです。 昔、ノリントンがそんな配置をしていたことがあるような記憶があります。

前回は確かN響との共演でした。久しぶりのハフのピアノです。 ベートーヴェン、ピアノコンチェルト5番  オ〜 出だしから快調です。 のっていますね。
2楽章、とにかく美しい。 いいなぁ、ハフのピアノって。  鍵盤の上を指が軽やかにノンレガートのタッチで舞っていますが、それが綺麗なレガートに聴こえてきます。 

台風を吹き飛ばすような素敵なコンサートでした。

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。