窓辺の風景 


オペラ『フィデリオ』 @ オペラシティ 6月2日
06/04/2018, 12:40 am
Filed under: オペラ

オペラ『フィデリオ』

作曲: L.V.ベートーヴェン
指揮: 飯守泰次郎
演出: カタリーナ・ワーグナー
ドラマツルグ(演劇やオペラの台本に関わる検証、アレンジ、執筆等をおこなう仕事):ダニエル・ウェーバー
美術: マルク・レーラー
衣装: トーマス・カイザー
証明: クリスティアン・ケメトミュラー
 
ドン・フェルナンド(大臣): 黒田 博
ドン・ピツァロ(監獄所長): ミヒャエル・クプファー=ラデツキー
フロレスタン: ステファン・グールド
レオノーレ(フィデリオ):リカルダ・メルベート
ロッコ(看守): 妻屋秀和
マルツェリーネ(ロッコの娘): 石橋栄実
ジャキーノ(門番): 鈴木 准
囚人1: 片寄純也
囚人2: 大沼 徹

何かと話題のオペラ「フィデリオ」。 演出はワグナーの曽孫 カタリーナ・ワグナーです。
今回は、チョン・ミョンフン指揮、東フィルの時と違って、序曲 レオノーレ第3番が2幕の途中で挿入されていて、ピツァロがレオノーレを刺した後、地下牢の入り口をブロックで塞ぎ出られないようにするという場面になっています。 思わず「アイーダ」と同じ? って心の中でチャチャを入れていました。

それにしても、複雑なストーリーです。 しかも、舞台が暗く3層に分けられた構造だとよく見えません。
1階のS席ならよく見えたのでしょうが、後ろの席では何が起こっているのか、このストーリでは想像力を駆使しても無理なのでは、と思ってしまいます。   オケもちょっと気が緩んでいたのか後半は持ち直しましたが、前半はミスが目立ち、いつもの東響らしくありませんでした。  もう少し見やすい舞台にはならないのかしら、と。

とりあえず、フーン、へ〜〜、ウソ〜〜 ホント?、ハッハッハ てな感じでしょうか。

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。