窓辺の風景 


「松 風」 @ 新国立劇場 2月16日
03/19/2018, 11:30 pm
Filed under: オペラ

「松 風」 新制作・日本初演

作  曲   細川俊夫
指  揮   デヴィッド・ロバート・コールマン
演出・振付  サシャ・ヴァルツ
美  術   ピア・マイヤー=シュリーヴァー、塩田千春
衣  裳   クリスティーネ・ビルクレ
照  明   マルティン・ハウク
ドラマツルグ イルカ・ザイフェルト

松  風   イルゼ・エーレンス
村  雨   シャルロッテ・ヘッレカント
旅の僧    グリゴリー・シュカルパ
須磨の浦人  萩原 潤

音楽補    冨平恭平 
ヴォーカル・アンサンブル 新国立劇場合唱団
管弦楽    東京交響楽団
ダンス    サシャ・ヴァルツ&ゲスツ

1月に国立能楽堂で、「能とオペラ -『松風』をめぐって-」が開催されました。 観世銕之丞さんによる能面・衣装をつけない略式上演で 能「松風」の中から「汐汲の段」「狂乱の段」を観てから、宮本圭造さん(野上記念法政大学能楽研究所教授)観世銕之丞さんに加え、細川俊夫さん(オペラ「松風」作曲者)、柿木伸之さん(『細川俊夫 音楽を語る』訳者)による座談会。 なかなか面白かったです。

舞台はなんとも幻想的で、オペラというよりダンスの要素が大きいですが風を感じるコーラスの息遣いなど、聴こえてくる音楽は不思議な夢の世界のようです。 こういった新作オペラが新国立で、再演されること期待しています。  

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。