窓辺の風景 


渋谷区能楽鑑賞会 @ 国立能楽堂 11月20日
11/30/2017, 5:41 pm
Filed under:

仕舞 花筐
狂言 鬼瓦
能  俊寛

観たかったのは「俊寛」 歌舞伎・文楽との大きな違いは「千鳥」が出てこないこと。 歌舞伎では俊寛は自分から船にのる権利を千鳥に譲って残りますが、能では一人取り残され、艫綱にすがりつくけれど、それも切られ泣き崩れます。 
歌舞伎や文楽で見慣れているとちょっと違和感がありますが、やはり能のほうが先に作られたのでしょうね。  

午後のひととき、楽しい催し物でした。

広告

コメントする so far
コメントを残す



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。