窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。



東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



二期会 タンホイザー @ 東京文化会館 2月20日
02/21/2021, 2:30 pm
Filed under: オペラ

指 揮:   セバスティアン・ヴァイグレ

原演出:   キース・ウォーナー

演出補:   ドロテア・キルシュバウム

タンホイザー:片寄純也

エリーザベト:田崎尚美

ヴェーヌス: 板波利加

ヴォルフラム:大沼 徹

ヘルマン:  狩野賢一

ヴァルター: 大川信之

 他

合  唱:  二期会合唱団

管弦楽:   読売交響楽団

久しぶりの東京文化会館、そしてワーグナーです。 やっぱりワーグナーの曲は美しい。 聴きに来て本当に良かった、と思います。 本題「タンホイザーとヴァルトベルグの歌合戦」 三幕のヴォルフラム・大沼 徹の「夕星の歌」素晴らしかった。 心の中で「大ブラヴォ〜〜〜」エリザベト・田崎尚美も良かった。  オーケストラもずいぶんと小編成になっていましたが、音は良く鳴っていました。 さすが読響です。  来月の山田和樹も楽しみです。 帰り道は気持ちよく 「夕星の歌」そーれー♯ど♮どーし♭しーらそーをハミングでした。 

 暖かい気温に誘われて、不忍の池の周りにも結構人が出ています。 やはり土曜日・日曜日は人出が多いのでちょっと外に出るのも考えてしまいます。 あと2、3週間もすると、きっとお花見の人でいっぱいになるのでしょうね。



文楽 第二部・第三部 2月18日
02/21/2021, 1:30 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

廓文章 吉田屋の段

伊左衛門   豊竹咲太夫

夕  霧   竹本織太夫

喜左衛門   豊竹籐太夫

       鶴澤燕 三

ツレ     鶴澤燕二郎

<人形>

伊左衛門   桐竹勘 濤

夕  霧   豊松清十郎

菅原伝授手習鑑  寺入りの段・寺子屋の段

       豊竹希大夫

       鶴澤清 馗

前      豊竹呂太夫

       鶴澤清 介

       豊竹籐太夫

       鶴澤清 友

<人形>

よだれくり  吉田玉 翔

女房 戸波  吉田清五郎

女房 千代  吉田蓑二郎

武部 源蔵  吉田玉 也

春藤 玄蕃  吉田玉 輝

松 王 丸  吉田玉 助

冥途の飛脚  

 淡路町の段

口      竹本小住太夫

       鶴澤清 丈

奥      竹本織太夫

       竹澤宗 助

 封印切の段

       竹本千歳大夫

       豊澤富 助

 道行相合かご

梅  川   竹本三輪太夫

忠兵衛    豊竹芳穂太夫

<人形>

梅  川   吉田勘 彌

忠兵衛    桐竹勘十郎

 先日 三浦しおんの「仏果を得ず」を読んだ後なので、義太夫と三味線がやけに耳に響いてきます。 咲太夫さんもお元気なご様子。 ずらっと並んだ「見台」を見るとあれっ、織太夫・籐太夫、色違いのお揃い? でもフサの長さが違います。「仏果を得ず」にも書いてありましたが見台って結構目につきます。 蒔絵やさらに螺鈿の細工が施してあるものなどなど、豪華なものが多いですね。 

 廓文章の夕霧、人形を遣っている清十郎、もしかしてほとんど目をつむっているのではと・・。それとも薄目開いているの? 聞いてみたいです。 良い夕霧でした。

 冥途の飛脚の「道行」って雪の中ではなかったのでしたっけ。 父親も出てこないし、少し時間短縮っだったのかしら。

 終わるとギリギリ 7時53分。 とりあえず8時までですものね、歌舞音曲は。 5月の公演までにはもう少しコロナの影響がなくなっていますように。 



二月大歌舞伎 第一部 @ 歌舞伎座  2月16日
02/17/2021, 4:36 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、本朝二四孝  十種香

二、泥棒と若殿

「十種香」  魁春の八重垣姫、門之助の勝頼、孝太郎の濡衣。 謙信は錦之介。

魁春の八重垣姫に驚きました。 若くて可愛らしくて。  思わず「すごい!!」      香を焚いている八重垣姫を観ながら、昨年香道、御家流の香席に参加した時のことを思い出しました。 その席で聞いた伽羅の香りの素晴らしかったこと。 いままで家で焚いていたのは「伽羅」でもスティック型のお香で、あまりの違いに驚いてお伺いすると、香木とお線香では全く別物と。 また、同じ伽羅でも香木によって香りも違うとのこと。 内緒のお話ではとても高価な「伽羅」だったとか。  

十種香、どんなお香を焚いたのでしょうか。

浄瑠璃は葵太夫。



国立能楽堂定例公演  1月6日
01/09/2021, 10:46 pm
Filed under: 能・狂言

 今年最初の能楽堂。 入り口には大きな松飾り。 もちろん舞台にはしめ縄が飾ってあります。前回からほんの一週間ですが、なんとなくとても時間が経ったような気がします。

素謡・観世流

神歌

翁 角寛次郎

千歳 角 幸二郎

「とうとうたらりたらりら たらりあがりららりとう」 えっなぁに?これって? と思いながら聴くも、お声の良さに惹きつけられます。 最後は「万歳楽・万歳楽・万歳楽」ーめでたしめでたしーなのでしょう。 



ルドン・ロートレック展 @ 三菱一号美術館 1月5日
01/07/2021, 11:45 pm
Filed under: 展覧会

とりあえず、またコロナで休館なんてならないうちに早く行っておかなければ、とルドン・ロートレック展へ。  ふと、初めてルドンの名前を知った時を思い出しました。 「山種美術館」のカレンダーです。 普段、山種美術館のカレンダーは日本画のことが多かったのですが、その時洋画のシリーズだったのです。 カレンダーを見て、最初に「変な名前」と思った記憶があります。その絵の色彩がとても綺麗だったのも印象に残りました。 

今回は、岐阜県立美術館との共同企画です。  ルドンは色彩の豊かな絵ばかりでなく、石版画の「黒」、これは前回のルドン展の時に驚きました。カレンダーで見た限り、想像がつかなかってのです。

音声ガイドは無料。 ちょっと得した気分です。ロートレックの「アリスティド・ブリュアン」って歌手だったなんて知りませんでした。 三菱一号美術館はロートレック、ヴァロットンなどの作品をだいぶ購入したようなので今回も「お披露目」多数でした。 興味深かったのは岐阜県立美術館所蔵の山本 芳翠・黒田 清輝・藤島 武二・浅井 忠・青木 繁・木村 荘八 などの日本人画家の作品です。特に山本 芳翠の「浦島」。 同時代の日本人画家の作品と見比べるのも面白いものでした。



ベルナール・ビュッフェ展 @Bunkamuraミュージアム 1月4日
01/05/2021, 11:57 pm
Filed under: 展覧会

あけましておめでとうございます。

今年の標語 「先手必勝」  ですので、会期ギリギリに展覧会に飛び込まないようにと、早め早めに観に行くことに。 これって先手必勝?  最近はコロナで人数制限もあり、会期終了直前も予約が取れれば普段ほどは混んではいません。 ただ、ぼーっとしていると人数制限で反対に入場できなかったりしますけれど。

ビュッフェ展、思っていたより大作が多く、見応えがあります。 静岡にあるベルナール・ビュッフェ美術館所蔵のものが多く展示されていました。 一体誰がこんなにコレクションしたの?と調べると、なんとあのスルガ銀行の三代目頭取だった岡野喜一郎のコレクション。 これだけの作品を集めるのは大したものです。  

若い時の作品をみると早熟なのがよくわかります。 そして黒とグレーだけの世界から、明るい色の世界に変わっていく様。  展示してあるサガンの文庫本の表紙の絵は確かに記憶にあります。なんとなく昔を思い出し懐かしくさえ思えてきました。  機会があったら、静岡のビュッフェ美術館にも行ってみたいものです。



バッハ・コレギウム・ジャパン《第九》@オペラシティ 12月27日
12/31/2020, 11:27 pm
Filed under: コンサート

べートーヴェン生誕250年記念 で急遽決まったB.C.Jの第九演奏会。 今年は珍しく2回目の第九です。

指揮:鈴木雅明

オルガン:鈴木優人

ソプラノ:森 麻季

アルト:林 美智子

テノール: 櫻田 亮

バス:加耒 徹

合唱&管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(オルガン独奏)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付き》

オルガン独奏で始まったコンサート、今年あった色々なことが思い出されます。

ピリオド楽器で演奏される第九。楽器のアンサンブルが違って聴こえ、今までは聴き取れなかった旋律が聴こえてきます。 第九の不気味な出だしや、3楽章が教会のミサの響きに聴こえたり耳がダンボ状態。そして4楽章。加耒さんのバリトンがあのオペラシティに響き渡ると、思わず落涙。ついつい合唱を歌いたくなってしまい、マスクの下で東響と時と同様、口パクでした。

さぁ、今年のコンサート納めです。 中止・延期になったコンサートも多々ありました。 来年がどうなるかまだわかりませんが、コンサート、お芝居、美術展早く今まで通りになって欲しいものです。



所縁の能・狂言ー勧進能ー @国立能楽堂 12月26日
12/28/2020, 5:06 pm
Filed under: 能・狂言

本年最後の能楽堂です。 お庭は植木屋さんの植栽後のようで、さっぱりと、というか萩の枝もほとんどの下草も根本から綺麗さっぱりと剪定されていました。 いつもこんなに切ってしまうのでしたっけ? まぁ、春には新しい芽が出てくることでしょう。 どのくらい変わるのかも楽しみです。

狂言・大蔵流

米市

シテ/男 山本東次郎

アド/有徳人 山本泰太郎

能・宝生流

鞍馬天狗 天狗揃

前シテ/山伏 後シテ/大天狗 宝生和英

子方/牛若 水上 嘉

お元気な東次郎さんが 重そうにお米を担いだお姿。それに打掛を羽織りなんともユーモラスです。

「鞍馬天狗」子方の牛若丸。 そして舞台に白い髪の大天狗と赤い髪の七人の天狗。 およそ18畳の空間がとても狭く感じられます。 手に持っている羽も豪華ですし、天狗の衣装は派手で観ていても楽しいです。   今年もどうにか無事に年を越せますように、と天狗に頼みたくなってしまいます。    



東響定期演奏会@オペラシティ 12月23日
12/27/2020, 12:10 am
Filed under: コンサート

指揮:秋山和義

ソプラノ:森野美咲

メゾソプラノ:鳥木弥生

テノール:小原啓楼

バリトン:大山大輔

合唱:新国立劇場合唱団

合唱指導:河原哲也

コンサートマスター:水谷 晃

 

ベートーヴェン:「エグモント」序曲 作品84

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」

エグモントの最初の音、ファ〜〜〜〜 オーケストラのツォッティ。 ホールに気持ちよく響き渡ります。 秋山さん お元気です。 そして「第九」。 第九を聴くのは久しぶりなので、昔 「deine zauber」を「ダイネー ツァウベル」 と歌っていたのを、新国立劇場合唱団が 「ダイネ ツァウバー」 と歌うのが新鮮でした。 合唱が始まると、つい口ずさんでしまいます。 また、歌ってみたいなと。 



粟田口勧進猿楽@国立能楽堂 12月12日
12/16/2020, 11:31 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流

猿婿

能・金春流

舎利

狂言は、なんと沢山の猿が猿語で会話をする、という楽しいもの。面白いことを考えるものです。 映画でも「猿の惑星」があるように、人間に近いからこんなお話が組みたてられるのでしょう。

お能は、足の速い鬼、足疾鬼(そくしっき)と足の速い仏、韋駄天との追いかけっこのお話。そうか、韋駄天は仏様だったんだ、と。「天」ですものね。佛様を守る神様でした。舞台に置かれた一畳台はある時は祭壇、そして舎利殿、さらに天井世界をも表します。ほんと、お能を観るときは頭を柔軟にしないとついていけません。それが面白いのですけどね。