窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。



東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



東響定期演奏会@オペラシティ 7月18日
07/19/2020, 12:21 am
Filed under: コンサート

指揮: ジョナサン・ノット[映像出演]
コンサートマスター: 水谷 晃

ベンジャミン・ブリテン: フランク・ブリッジの主題に夜変奏曲
ドヴォルザーク: 交響曲第8番 ト長調 op.88

今日は東響の団員の弦楽器の方はマスク着用です。 昨日の東フィルは当日チケットとして郵送されてきたハガキに名前・住所を書き帰る時に回収していました。 今日の東響は自分でチケットの半券を切るやり方。 会場入り口はどちらも検温・消毒をしていました。

2週間ほど前でしょうか、東響から演奏会の通知が届き ジョナサン・ノット[映像出演]と明記してあったので、一体どんな方法をとるのかと、興味津々です。

1曲目のブリテンは指揮者なし。 弦楽4重奏で、編成も小さいですが、コンサートマスター大活躍でしょうか。 初めてのブリテンの曲を聴くことができて大満足。

さて、映像出演のドヴォルザーク。 えーーー舞台に4枚のモニターが。 映ってる、あれは確かにジョナサン・ノット。 燕尾服を着て、指揮棒を持って、3人のノットが団員に向かって立っています。
でも、でも、映像と演奏の音のズレはどうするのさ?と。 ノットが音を聴きながら指揮をするって、できるの?と、私の頭は?????。 
プログラム・ノートの最後に辻 敏さん(東響事務局長)のエッセイが載っていました。「ノットは演奏を聴かずに指揮をしてその映像を撮る。 東響は映像に合わせるリハーサルをやるのではなく、ノットのスコアをもとに音作りをして本番だけ映像を見るくらいのイメージにする」 お見事でした。私の席はとてもよくノットの棒が見える場所です。 確かにノットが指揮がした東京交響楽団の演奏でした。 コロナがなければ思いもつかないコンサートです。 本流ではないにしろ、こんなこともやってみた、こんなこともできるんだ、ということでしょう。 ノットと東響の信頼関係のなせる技の演奏会でした。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 7月17日
07/17/2020, 11:33 pm
Filed under: コンサート

指揮: 佐渡裕
コンサートマスター: 三浦章宏

ベートーヴェン: 序曲『コリオラン』 ハ短調 op.62
ベートーヴェン: 交響曲第7番 イ長調 op.92

3月以来のオペラシティです。 観客は2、3割でしょうか。 いつものお隣さん、そのまたお隣さんもお休みです。 
とにかく、このコンサートは日にち変更、あのコンサートは中止等で、チケットを返したのだか、いつに変更になったのだか記憶の糸が途切れたままのここ4ヶ月です。  チケットの取り方まで忘れそうでした。

あぁ久しぶり、と舞台を観ると、オーケストラの団員が登場。 ソーシャルディスタンスで離れて座っているので舞台いっぱいに団員が広がっています。 この距離って楽譜が見えるギリギリ・・より遠いようにも思えます。  
佐渡さんが指揮台に登場。 序曲『コリオラン』の最初の弦楽のトゥッティの音「C」が会場に響き渡ります。 もーだめ。思わず涙です。 こんなに音に包まれることに感動するとは思ってもいませんでした。

7番も素晴らしい演奏でした。 どんどん前に突き進んでいく力強い音楽が、演奏会を開くことができた喜びを表しているようにも感じられます。  明日は東響の定期です。



国立能楽堂定例公演 7月8日
07/09/2020, 10:52 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流
瓜盗人

能・喜多流
氷室
 
やっと少しずつ色々な公演が再開し始めました。
2月以来、4ヶ月ぶりの能楽堂です。 座席は市松模様になり、入場者数は半分。 やはり随分と観客が少なく感じます。その分観やすいのは確かです。 トイレは混まなくていいですけれど、ふと睡魔に襲われるととても目立ちそうです。

能「氷室」、初めてです。そしてこんなに鼓の演奏が入る能も初めてかな。 甲高い大鼓の音色が能楽堂に冴え渡り、迫力があります。 大鼓の音色って、緊張感があって大好きです。 
 
あとはコロナ禍が無事に収束してくれることを願うばかりです。



東響定期演奏会@オペラシティ 3月21日
03/25/2020, 10:19 pm
Filed under: コンサート

指揮: 飯森範親
チェロ: 新倉瞳
コンサートマスター: グレブ・ニキティン

ラヴェル: ラ・ヴァルス
ファジル・サイ: 「11月の夜想曲」 チェロと管弦楽のために
         (新倉瞳んいよる委嘱作品)
ラヴェル: 道化師の朝の歌
ラヴェル: スペイン狂詩曲
ラヴェル: ボレロ

今月になってのコロナ感染騒ぎで、なんと来月までの演奏会・お芝居など10公演以上がキャンセル・延期となりました。 今日もいつもより客席は埋まっていません。

今日のボレロ、小太鼓の予備が置いてあります。珍しいです。   そっか、いつでしたか、東響?でティンパニの皮が破れたことありましたっけ。「備えあれば憂いなし」ですね。

つくづく同じ曲でもピアノのソロとオーケストラ、なんて違うのでしょう。色々な楽器の音色を持っているオーケストラが羨ましくなります。

そんなこんなとお喋りをしていたお隣さん、来シーズンはサントリーの定期に移る予定とのこと。 どこかでまたお会いすることもあるかもしれません。 



アンドラーシュ・シフ リサイタル @ オペラシティ 3月19日
03/20/2020, 12:35 am
Filed under: コンサート

梶本のwebでシフのライブ・ストリーミングがあった影響でしょうか、今日はほぼ満席です。 みんな演奏会の『生の音』が聴きたいのでしょうね。 しかも2週続けて ベーゼンドルファーの音を聴くことができるなんて幸せです。

シューマン: 精霊の主題による変奏曲 変ホ長調 WoO24
ブラームス: 3つのインテルメッツォ op.117
モーツアルト: ロンド イ短調 K.511
ブラームス: 6つのピアノ小品 op.119
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第26番 変ホ長調 op.81a「告別」

アンコール
J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988から アリア
モーツァルト: ピアノ・ソナタ第15番 ハ長調 K.545から 第1楽章
ブラームス: アルバムの小品
シューマン: アラベスク op.18
シューマン: 「子供のためのアルバム」op.68から 楽しき農夫
シューベルト: 即興曲 変ト長調 D899-3

今日は、曲の間の拍手はしないで、というシフの希望がアナウンスされ、会場はしーーーん。  

今回のシフのコンサート、ブラームスも堪能しました。 op,76,116,117,118,119 と2日間のコンサートでブラームス最後のピアノ曲を織り交ぜ楽しませてくれました。 今日の最初はシューマン最後のピアノ曲 ”Ghost Variations” 。 最後は締めの「告別」 

そして、また『シフ劇場パートⅡ』 ゴールドベルクのアリアが始まった時には、えっ、弾く? ゴールドベルク +1時間 なんて期待しましたが、まさかそんなことがあるわけありません。 最後の最後はシューベルトの即興曲。 

あっという間に素敵な時間が過ぎ去ってしまいましたけれど、また来年来日して美しいピアノの音を聴かせてもらえること、楽しみにしています。 「告別」の3楽章は「再会」ですもの。



アンドラーシュ・シフ リサイタル @ オペラシティ 3月12日
03/13/2020, 11:14 pm
Filed under: コンサート

あちこちで演奏会が中止になっている中、シフのリサイタルは開催されました。 オペラシティ、チケットのモギリはなし、プログラム・チラシの手渡しもなし。 あちこちに消毒用のアルコールが置いてあります。

メンデルスゾーン: 幻想曲 嬰へ短調 op.28 『スコットランド・ソナタ』
ベートーヴェン: ソナタ第24番 嬰ヘ長調 op.78 『テレーゼ』
ブラームス: 8つのピアノ小品 op.76
ブラームス: 7つの幻想曲集 op.116
J.S.バッハ: イギリス組曲 第6番 ニ短調 BWV811

アンコール
J.S.バッハ: イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第12番 変イ長調 op.26「葬送」から 第1楽章
メンデルスゾーン: 無言歌第1集 op.19bから 「甘い思い出」
          無言歌集第6巻 op.67から 「紡ぎ歌」
ブラームス: インテルメッツォ イ長調 op.118-2
シューベルト: ハンガリー風のメロディ D817

つくづくと、シフはバッハが好きなのだ、と。 最後のイギリス組曲、シフの背中が本当に楽しそうなのです。楽しくて楽しくて仕方ないと背中がおしゃべりしているのです。 最高のバッハでした。
で・・・アンコールは、いつもの『シフ劇場・第二部』 
 
シフ・リサイタル、第一夜 無事終了です。 来週も楽しみです。



文楽・第三部 @ 国立劇場小劇場 2月20日
02/21/2020, 1:00 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

傾城恋飛脚
  新口村の段
鳴響安宅新関
  勧進帳の段

「新口村」 忠兵衛は玉佳くん、頑張っています。
やっぱり上手い、玉也さん。 

「勧進帳」の弁慶は三人出遣い、うーん、出遣いでなくてもいいのでは・・って思ってしまう。 でも、左遣いで、玉佳くん登場。 
七棹並んだ三味線は圧巻です。延年の舞から大合奏。 調弦を変えながら凄い迫力、なかなかこんな合奏を聴くチャンスはありません。 堪能しました。  籐太夫も熱演。 藤太夫・藤蔵のコンビ聴き惚れました。

それにしても、コロナの影響もあるのか一、二部に比べて空席が目立ちます。 ただ、2月の三部制はやめてほしいのが本音です。 3回分の入場料は高すぎます。

5月は「義経千本桜」 来月の国立劇場は菊之助の「義経千本桜」 これも三部。 う〜〜〜ん 高い。



東フィル定期演奏会 @ オペラシティ 2月19日
02/20/2020, 11:55 pm
Filed under: オペラ

オペラ演奏会形式
ビゼー作曲 『カルメン』

指揮: チョン・ミョンフン

カルメン: マリーナ・コンパラート
ドン・ホセ: キム・アルフレード
エスカミーリョ: チェ・ビョンヒョク
ミカエラ: アンドレア・キャロル
スニガ: 伊藤貴之
モレラス: 青山 貴
ダンカイロ: 上江隼人
レメンダード: 清水徹太郎
フラスキータ: 伊藤 晴
メルセデス: 山下牧子

合唱: 新国立劇場
児童合唱: 杉並児童合唱団

楽しい3時間、 チョン・ミョンフンはスコアを暗譜。 しっかり楽しんで指揮棒を振っていました。
普段はオーケストラピットに入っているオケを見るのは楽しいものです。あっ、ここはこんな風に楽器の掛け合いなんだ、などヘェ〜、ヘェ〜の連続。  お隣さんと、クラリネット、上手いですね、なんておしゃべり。 
ところで「ハバネラ」ってなんですか? もしかして唐辛子って意味で? とお隣さんに聞いたら、唐辛子はハバネロ、で、ハバネラはと、おもむろに電子辞書を取り出し・・キューバの2拍子のダンスだって、と。 唐辛子には大爆笑されてしまいました。

それにしても、今日の空調のうるささは凄まじかったです。 こんなにうるさかったこと、今までなかったのですけれどねぇ・・・・コロナウィルス予防????



新春大歌舞伎・夜の部 @ 歌舞伎座 1月5日
01/08/2020, 3:00 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

一、義経腰越状
二、澤瀉 十種の内
  連獅子
三、鰯売戀曳網

やはり華やかな新春大歌舞伎。
「連獅子」では、亀ちゃん・・じゃなくて猿之助が立派なお父さん獅子。團子くん、高校生になったのかしら。 こんな形の連獅子を見ることができるとは思っていませんでした。 楽しかったです。

「鰯売戀曳網」 勘三郎が勘九郎の時代、玉三郎と共演していました。 今の勘九郎、七之助では2回目。やっぱり勘三郎に似ているな、と思うのは、それだけ勘三郎の記憶が鮮明なのかもしれません。印象が強烈だったのですね。 これから勘九郎らしさが出てくるのが楽しみです。



能 定例公演 @ 国立能楽堂 1月4日
01/08/2020, 2:34 pm
Filed under:

能・観世流
「西王母」
狂言・大蔵流
「財宝」

今日は脇能、「西王母」なので、いつもの狂言・能の順番ではなく、お能が先です。 お正月ですものね。

宮殿に見立てた作り物が舞台に運び込まれ、その中に登場した帝王が座ります。 お能のあの小さな舞台だからでしょうか、簡略化された作り物が不思議に納得します。 そのあと桃の小枝を持った女性が登場。
後場では西王母に変わったシテが、三千年に一度花咲き実を結ぶというめでたい桃の実を持って現れ舞を舞います。 中国の掛け軸の絵によく「桃の実」が描かれているのは、このくらい縁起の良いことだったのだ、と変に納得しました。

狂言は大好きな山本東次郎さんの「財宝」。 今年も笑わせてください。