窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。



東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



企画公演◎素の魅力@国立能楽堂 9月25日
09/27/2020, 11:47 pm
Filed under: 能・狂言
脇語
「摂待」
小舞・大蔵流
「住吉」
仕舞・金春流
「遊行柳」 クセ
袴能・喜多流
「忠度」

とにかく「能」のこと、わからないことばかり。 でも、それが面白いの
かもしれません。 
仕舞は観たことがありますが、脇語・小舞・袴能、全く初めてです。  
よくはわからないにしても、「住吉」の山本東次郎、「忠度」の友枝昭世
なんて方々の舞台を見ることができたのは幸せなことなのだろう
と思います。 あのお年にして、あの動き。信じられません。 

朝敵であったために勅撰和歌集に歌が採られない忠度。でも俊成の温情で
「よみ人しらず」として千載和歌集に入れられた無念を能にするなんて。 
古今和歌集の「仮名序」には書かなかったことを「真名序」に書いて
紀貫之らが後世に何かを残したかったように、あの時代の「和歌」って
すごい力を持っていたのだと再確認。


J.S.バッハ《ミサ曲 ロ短調》BWV232@オペラシティ 9月20日
09/24/2020, 6:33 pm
Filed under: コンサート

コロナ禍が少し収束に向かい始め、少しずつ元どおりの生活。 1週間あっちへこっちへ。 連日のオペラシティに心も弾みます。

バッハ・コレギウム・ジャパンの「三大宗教曲を聴くⅡ」マタイ受難曲に続いてのミサ曲 ロ短調。 市松模様に座席は満席です。 

澤江衣里(ソプラノⅠ)                           松井亜希(ソプラノⅡ)                           布施奈緒子(アルト)                            西村 悟(テノール)                            加耒 徹(バス)                              バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱と管弦楽)                鈴木優人(指揮)

コレギウム・ジャパンのコンサートは古楽器を聴くことができてとても楽しい。コルノ・ダ・カッチャの独奏は最高でした。 一体どうやって音程を作っているのでしょうか、ただの「丸まってる管」だけなのに。                  テノールの西村さんをはじめ素晴らしい演奏でした

訳はラテン語と日本語が紐づけられていてとてもわかりやすい。 そっか、「ドナ・ノービス・パーチェム」って「われらに平安を与えたまえ」だったんだ、と聖歌のメロディまで浮かんできてしまいました。

素敵な日曜日の午後の贈り物でした。次回のヨハネ受難曲も楽しみです。



藤田真央ピアノリサイタル@オペラシティ 9月19日
09/24/2020, 10:46 am
Filed under: コンサート

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調 K.309

チャイコフスキー:ロマンス へ短調 Op.5

チャイコフスキー:ドゥムカ ハ短調ーロシアの農村風景ーOp.59

アルカン:「単調による12の練習曲」から”イソップの饗宴” ホ短調Op.39-12

ショパン:幻想曲 へ短調 Op.49

ショパン:ポロネーズ 第7番 変イ長調「幻想」Op.61

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ ト長調

ラヴェル:ラ・ヴァルス

アンコール

クライスラー(ラフマニノフ編):愛の悲しみ
ショパン:ノクターン 第10番 変イ長調 op.32-2

ここのところ、「題名のない音楽会」によく登場している藤田真央くんのリサイタル。

ピアノはスタインウエィ。 前回の東フィルの伊藤恵さんのピアノコンチェルトの時と同じピアノのようです。 なんとなくまだ耳がコンサートホールに慣れてていません。  

モーツアルトの音の粒にはびっくり仰天。 本人もテレビで「なんでそんなに明るい音なの」って言われるけれど・・なんて話していたことがあったけれど、本当に明るい透明感のある音です。アルカンの曲は初めて聴きました、最初がなんとなく「不屈の民」に似ているような感じが、否、「不屈の民」が似ているのですよね。年代としては。

「ロマンス」と合わせたチャイコフスキーの「ドゥムカ、作品5と作品59。20年余り年代が違うところも聴いていて楽しいところです。  後半のショパン2曲に続いてラヴェル2曲。 モーツアルトとラヴェルでは弾いている姿勢が全く変わったのに思わずへぇー、でした。 最後のヴァルスは全くオーケストラに負けない響き。 あっという間の2時間、真央くんの音楽に吸い込まれたひと時でした。

それにしても不思議な座席の売り方で 並び2席は売ってその隣2席空席。何故1席おきではないの?と。カップル席でもあるまいし。 自主的に席を移動して空けてくれということなのでしょうか。



歌舞伎座 第一部・第二部 9月10日
09/10/2020, 4:55 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

第一部

寿曽我対面

   工藤館の場

慌てて家を飛び出てきたら、都美術館の時同様ストールを忘れてしまいあちゃ。やはり前の日に準備をしなければ、と。私の人生「準備」この言葉一体何度思ったことか。千、二千、いや、万の位か。

曽我五郎・十郎は松緑と錦之助。 松緑の体のキレ、何しろ美しい。 あっという間に終わってしまったが満足。 ただ、お客の数はまだ少ないですね。勿体無い。

第二部

色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)

   かさね

猿之助のかさね。 与右衛門は幸四郎。 捕手の隼人と鷹之質は立ち回りの時には黒いマスクを不自然なく着用。 

猿之助・幸四郎共々とてもいい。 猿之助は顔の表情も巧みだし、幸四郎は線の細さがなくなって貫禄が出てきた。 これまた1時間弱のあっという間。 一、二部観てもなんか物足りないまま帰宅。



国立能楽堂 ショウケース 7月21日
07/23/2020, 5:26 pm
Filed under: 能・狂言

解説 中村 昌弘(シテ方金春流)

和泉流
狂言 萩大名  

金春流
能  猩々  

金春流は地謡はグレーの覆面(マスク)です。 普通に切戸口から登場後、後ろを向いて装着。

「猩々」結構あっという間に終了でした。 歌舞伎では何回か観ていますけれど、お能は初めてです。
調べてみると「猩々乱(みだれ)」というのもあると。こちらも観たいものです。

驚いたことに、字幕が6ヶ国語対応に新しくなってる!! オリンピック仕様だそうです。



鈴木雅明オルガンリサイタル@オペラシティ 7月19日
07/20/2020, 12:50 am
Filed under: コンサート

オペラシティ、3日目です。

D.ブクステフーデ:《プレルーディウム ト調》 BuxWV148
D.ブクステフーデ:《パッサカリア ニ調》 BuxWV161
J.S.バッハ: コラールパルティータ《喜び迎えん、滋み深きイエスよ》 BMW768
D.ブクステフーデ:コラールファンタジア《われ汝を呼び求めん、主イエス・キリストよ》 BuxWV196
J.S.バッハ: コラール《われ汝を呼び求めん、主イエス・キリストよ》 BMW639
J.S.バッハ:《トッカータとフーガ ニ短調》 BMW565
J.S.バッハ: コラール《おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け》 BMW622
J.S.バッハ:《パッサカリアとフーガ》 BMW582
アンコール
J.S.バッハ:《主イエス・キリストよ、われらを顧みたまえ》BWV709

楽しい3日間でした。 久しぶりのコンサート三昧の贅沢な時間。 今までは当たり前だったことがコロナで様変わりしてしましたが、また少しずつ戻ってきたことに、ただただ感謝です。 



東響定期演奏会@オペラシティ 7月18日
07/19/2020, 12:21 am
Filed under: コンサート

指揮: ジョナサン・ノット[映像出演]
コンサートマスター: 水谷 晃

ベンジャミン・ブリテン: フランク・ブリッジの主題に夜変奏曲
ドヴォルザーク: 交響曲第8番 ト長調 op.88

今日は東響の団員の弦楽器の方はマスク着用です。 昨日の東フィルは当日チケットとして郵送されてきたハガキに名前・住所を書き帰る時に回収していました。 今日の東響は自分でチケットの半券を切るやり方。 会場入り口はどちらも検温・消毒をしていました。

2週間ほど前でしょうか、東響から演奏会の通知が届き ジョナサン・ノット[映像出演]と明記してあったので、一体どんな方法をとるのかと、興味津々です。

1曲目のブリテンは指揮者なし。 弦楽4重奏で、編成も小さいですが、コンサートマスター大活躍でしょうか。 初めてのブリテンの曲を聴くことができて大満足。

さて、映像出演のドヴォルザーク。 えーーー舞台に4枚のモニターが。 映ってる、あれは確かにジョナサン・ノット。 燕尾服を着て、指揮棒を持って、3人のノットが団員に向かって立っています。
でも、でも、映像と演奏の音のズレはどうするのさ?と。 ノットが音を聴きながら指揮をするって、できるの?と、私の頭は?????。 
プログラム・ノートの最後に辻 敏さん(東響事務局長)のエッセイが載っていました。「ノットは演奏を聴かずに指揮をしてその映像を撮る。 東響は映像に合わせるリハーサルをやるのではなく、ノットのスコアをもとに音作りをして本番だけ映像を見るくらいのイメージにする」 お見事でした。私の席はとてもよくノットの棒が見える場所です。 確かにノットが指揮がした東京交響楽団の演奏でした。 コロナがなければ思いもつかないコンサートです。 本流ではないにしろ、こんなこともやってみた、こんなこともできるんだ、ということでしょう。 ノットと東響の信頼関係のなせる技の演奏会でした。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 7月17日
07/17/2020, 11:33 pm
Filed under: コンサート

指揮: 佐渡裕
コンサートマスター: 三浦章宏

ベートーヴェン: 序曲『コリオラン』 ハ短調 op.62
ベートーヴェン: 交響曲第7番 イ長調 op.92

3月以来のオペラシティです。 観客は2、3割でしょうか。 いつものお隣さん、そのまたお隣さんもお休みです。 
とにかく、このコンサートは日にち変更、あのコンサートは中止等で、チケットを返したのだか、いつに変更になったのだか記憶の糸が途切れたままのここ4ヶ月です。  チケットの取り方まで忘れそうでした。

あぁ久しぶり、と舞台を観ると、オーケストラの団員が登場。 ソーシャルディスタンスで離れて座っているので舞台いっぱいに団員が広がっています。 この距離って楽譜が見えるギリギリ・・より遠いようにも思えます。  
佐渡さんが指揮台に登場。 序曲『コリオラン』の最初の弦楽のトゥッティの音「C」が会場に響き渡ります。 もーだめ。思わず涙です。 こんなに音に包まれることに感動するとは思ってもいませんでした。

7番も素晴らしい演奏でした。 どんどん前に突き進んでいく力強い音楽が、演奏会を開くことができた喜びを表しているようにも感じられます。  明日は東響の定期です。



国立能楽堂定例公演 7月8日
07/09/2020, 10:52 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・大蔵流
瓜盗人

能・喜多流
氷室
 
やっと少しずつ色々な公演が再開し始めました。
2月以来、4ヶ月ぶりの能楽堂です。 座席は市松模様になり、入場者数は半分。 やはり随分と観客が少なく感じます。その分観やすいのは確かです。 トイレは混まなくていいですけれど、ふと睡魔に襲われるととても目立ちそうです。

能「氷室」、初めてです。そしてこんなに鼓の演奏が入る能も初めてかな。 甲高い大鼓の音色が能楽堂に冴え渡り、迫力があります。 大鼓の音色って、緊張感があって大好きです。 
 
あとはコロナ禍が無事に収束してくれることを願うばかりです。



東響定期演奏会@オペラシティ 3月21日
03/25/2020, 10:19 pm
Filed under: コンサート

指揮: 飯森範親
チェロ: 新倉瞳
コンサートマスター: グレブ・ニキティン

ラヴェル: ラ・ヴァルス
ファジル・サイ: 「11月の夜想曲」 チェロと管弦楽のために
         (新倉瞳んいよる委嘱作品)
ラヴェル: 道化師の朝の歌
ラヴェル: スペイン狂詩曲
ラヴェル: ボレロ

今月になってのコロナ感染騒ぎで、なんと来月までの演奏会・お芝居など10公演以上がキャンセル・延期となりました。 今日もいつもより客席は埋まっていません。

今日のボレロ、小太鼓の予備が置いてあります。珍しいです。   そっか、いつでしたか、東響?でティンパニの皮が破れたことありましたっけ。「備えあれば憂いなし」ですね。

つくづく同じ曲でもピアノのソロとオーケストラ、なんて違うのでしょう。色々な楽器の音色を持っているオーケストラが羨ましくなります。

そんなこんなとお喋りをしていたお隣さん、来シーズンはサントリーの定期に移る予定とのこと。 どこかでまたお会いすることもあるかもしれません。