窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。

広告


東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



読響定期公演@サントリーホール 6月13日
06/14/2019, 8:50 am
Filed under: コンサート

指揮: 山田和樹
ソプラノ: アルビナ・シャギムラトヴァ
コンサートマスター: 小森谷巧

伊福部昭: SFファンタジー第1番
グリエール: コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲
アンコール: アリャビエフ/ナイチンゲール(夜泣き鶯)
カリン二コフ: 交響曲第1番

伊福部昭を聴きに、そして山田和樹を観に(?)サントリーホールへ。
今の所、今年1番のコンサートです。 

ゴジラのテーマから始まるSFファンタジー、なにしろ楽団の方達が楽しそう。 久しぶりに伊福部の世界に浸った快感。  そして2曲目、素晴らしいコロラトゥーラ・ソプラノ、アルビナ・シャギムラトヴァの歌声はホールに響き渡ります。 アンコールまで、完璧でした。 『声』の魅力に圧倒され、3局目の美しい叙情的な旋律にもはやメロメロ。 

今年も山田和樹の追っかけはまだまだ続きそうです。
  



N響定期演奏会@サントリーホール 5月23日
05/24/2019, 11:54 pm
Filed under: コンサート

指揮: メーネ・ヤルヴィ
オルガン: 鈴木優人
コンサートマスター: 篠崎史紀

イベール: モーツアルトへのオマージュ
フランク: 交響曲二短調
サン・サーンス: 交響曲第3番 ハ短調作品78

久しぶりのフランクの交響曲。二短調の暗い響きの1楽章から始まり、3楽章、#ファラ#ファミィーラ#ファレシ#ドレラァー#ファレ、二長調のフィナーレが朗々と会場に響き渡り最後は、「ジャン」と。

さぁ、サン・サーンスです。サントリーホール P席。 私の後ろは”オルガン” 最高です。 オルガンの振動が直接体に響いてきます。曲が始まってすぐに空調の音かしら、と思ったのはスイッチの入ったオルガンの振動だったのでしょうか。 ぱぱ・ヤルヴィ、終わって拍手喝采。 今日も素敵な1日でした。



ドン・ジョヴァンニ@新国立劇場 5月22日
05/23/2019, 12:26 am
Filed under: オペラ

指揮: カーステン・ヤヌシュク
演出: グリシャ・アサガロフ
合唱: 新国立劇場合唱団
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
チェンバロ: 小埜寺 美樹

ドン・ジョヴァンニ: ニコラ・ウリヴィエーリ
騎士長: 妻屋秀和
レポレッロ: ジョヴァンニ・フルラネット
ドンナ・アンナ: マリゴーナ・ケルケジ
ドン・オッタヴィオ: ファン・フランシスコ・ガテル
ドンナ・エルヴィーラ: 脇園 彩
マゼット: 久保和範
ツェルリーナ: 九嶋香奈枝

この演出は何回目? 2、3回見た記憶があります。 日本人キャスト、妻屋さん、脇園さんとても良かった。      
今回の問題は・・・香害、柔軟剤の臭い・・・逃げ場がありません。 ちょっと頭がクラクラ。マスクは必需品ですね。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 4月16日
04/18/2019, 12:11 am
Filed under: コンサート

指揮: アンドレア・バッティストーニ
ピアノ: 小山実稚恵
コンサートマスター: 近藤薫

ウオルトン: 戴冠行進曲『王冠』
モーツアルト: ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 k.537 『戴冠式』
チャイコフスキー: 交響曲第4番 へ短調 op.36

指揮台に上がったバッティストーニ、なにか喋ってから(聞き取れなかった)おもむろに「ラ・マルセイエーズ」 そうです、昨日のノートルダム寺院の火災への鎮魂歌です。そしてフランス、頑張れ!です。  それにしてもつくづくとヨーロッパって一つの大陸なのだと思いました。 

モーツアルト『戴冠式』のカデンツァ、お隣さんと誰の作曲なのでしょうねぇ、と。 後で調べたら「ライネッケ」だったのですね。 掲示板にアンコール曲だけでなくカデンツァの作曲者も乗せてくれればいいのに・・。

チャイコの4番、最近聴くのは久しぶりです。 あれよあれよとテンポがすっ飛んで行きます。 まぁ、小気味が良い。お隣さんと、あのテンポ、よくオケが落ちませんでしたね、と、帰り道トーク。 それにしても東フィルの菅、よく鳴るし、うまいです。  

今回はシーズンの始まりなので、とバッティストーニの挨拶の後 エルガー:「威風堂々」がまさしく威風堂々と演奏されて無事終了。



グレの歌 @ 東京文化会館 4月14日
04/15/2019, 12:56 pm
Filed under: コンサート

指揮: 大野和士
ヴァルデマーク王: クリスティアン・フォイクト
トーヴェ: エレーナ・パンクラトヴァ
山鳩: 藤村実穂子
農夫: 甲斐栄次郎
道化師: アレクサンドル・クラヴェッツ
語り手: フランツ・グルントヘーバー
管弦楽: 東京都交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指導: マティアス・ブラウアー、宮松重紀

上野の桜が蕾から満開を迎え、散り始め、今は山吹の花が満開。「東京・春・音楽祭 2019」が『グレの歌』で閉幕です。 今年も楽しい1ヶ月でした。

先月の「ウエルテル」のシャルロットも素晴らしかったけれど、今回の「山鳩」藤村美穂子さん、最高でした。 あれだけのフルフルオーケストラをバックにして歌うのですから、大変です。 ヴァルデマーク王の声だってかき消されるさ、と。
やっぱり、観ていて楽しい楽器は「ティンパニ」 かっこいいです。
 
来年はどんなラインアップになるのでしょうか。 上野通いは少し遠くて大変ですが、楽しみです。



イゴール・レヴィット ピアノリサイタル@東京文化会館 4月13日
04/14/2019, 1:09 am
Filed under: コンサート

ベートーヴェン: ディアベリのワルツによる33の変奏曲 ハ長調 op.120
ジェフスキ: 《不屈の民》変奏曲

今日のリサイタルを聴いて、やっぱりゴールドベルク変奏曲も来ればよかったと少し後悔。 でも、この2曲を聴くことができただけでも本当に幸せです。  昨晩つい夜更かしをしてしまい、長〜いベートーヴェン、途中で眠くなったらどうしようなんて心配は全く杞憂に終わり、眠くなるどころかどんどん頭が冴えてくるという不思議な現象。 《不屈の民》は初めてでしたがこれまたあっという間の1時間。 一体どれだけ音色に変化をつけられるのでしょう。 もちろんテクニックは神業。 もう言葉がありません。 そしてペダリング。 踏んでいるの?踏んでいないの? 
それにしても怖いもの見たさで 《不屈の民》の楽譜、見てみたいものです。 口笛や弾いた音の響きだけを残すペデリング、どんな風に書いてあるのでしょうか。

イゴール・レヴィットさん。次回の来日、待っています。

次回の来日、待っています。