窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。



東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



dream Concert 東京混声合唱団x新国立劇場合唱団@オペラシティ 7月31日
08/01/2022, 7:13 am
Filed under: コンサート

東京混声合唱団  

指揮:キハラ良尚

ピアノ:鈴木慎崇

新国立劇場合唱団

指揮:三澤洋史

ピアノ:津田裕也

「カヴァレリア・ルスティカーナ」の”オレンジの花の香りは” の合唱が始まった途端、声の素晴らしさに鳥肌。  残響時間の長いオペラシティは、合唱には最高です。 

どの曲も素晴らしかったけれど、信長貴富さん作曲の「くちびるに歌を」は「心に太陽を」からとったものです。 この詩は小学生の時に大好きで、みんなの好きな詩でクラスで詩集を作った時に、自分で「ガリ版を切った」・・・もはや死語ですが・・思い出があります。 心に太陽を持て、くちびるに歌を持て・・・・メロディも合唱も、ピアノも全て素晴らしく、もはや落涙。 来年もまた開催してくれること心待ちにしております。 素晴らしいコンサートでした。  



「紅葉狩」歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 7月20日
07/21/2022, 10:44 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

歌舞伎座、第一部がコロナで休演になってしまい、こちらも休演になってしまったら、と慌ててチケットをとり国立劇場へ。 

平維茂    尾上松緑

更科姫    中村梅枝

山神     中村萬太郎

従者左源太  尾上左近

同 右源太  坂東亀蔵

局 田毎   市川高麗蔵

プログラムの平維茂のイラストが、松緑にとっても似ているので思わず笑ってしまった。 

それにしても梅枝がとても美しい。 二枚扇もお見事。 安定感があります。 



能楽堂・定例公演@国立能楽堂 6月8日
06/09/2022, 1:41 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・和泉流

鎌腹

能・金春流

兼平

前シテ 老翁    面 三光尉(さんこうじょ)

後シテ 今井兼平  面 平太(へいだ)

昨夜よく眠れず、「ちょっとまずいな」 と思いつつ能楽堂へ。 ちょっと調子が悪いとすぐ睡魔に襲われます。

狂言は野村万作がとても面白く、目はパッチリ。続く、「兼平」も 面「平太」の凄みで眠くなる間もなく、あっという間でした。   能楽堂はもう蚊取り線香の匂い。 すぐ、夏です。



アルゲリッチ&フレンズ @トリフォニーホール 
06/09/2022, 1:16 pm
Filed under: コンサート

ピアノ: マルタ・アルゲリッチ、酒井 茜 

ヴァイオリン: 辻 彩奈

フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調         アルゲリッチ& 辻 彩奈

ショパン: 変奏曲「パガニーニの想い出」             アルゲリッチ

パガニーニ: カプリス op.1 から 第24番            辻 彩奈

ルトスワフスキ: パガニーニの主題による変奏曲 酒井茜&マルタ・アルゲリッチ

クライスラー: 愛の悲しみ              アルゲリッチ& 辻 彩奈

クライスラー(ラフマニノフ編): 愛の悲しみ            酒井 茜

シュピルマン:マズルカ へ短調

シマノフスキ: マズルカ op.50から 第10番

アンコール

プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」から 行進曲      辻彩奈&酒井茜

モーツァルト:4手のためのピアノ・ソナタ ニ長調 K.381から 第3楽章

酒井茜&マルタ・アルゲリッチ

またまた雨模様の日です。 前回のトリフォニーホール、ムーティの時は凄まじい土砂降りでしたっけ。 このホールとアルゲリッチで思い起こすは、もう、20年以上前でしょうか、やはりアルゲリッチのコンサート。 あの頃のアルゲリッチはドタキャンの常連。 ホールに向かう人たちが『今日はコンサート大丈夫かしら』なんて会話をしているのを小耳に挟みながら向かったものでした。 

会場に入り、船越桂の『彫刻』に軽い挨拶。 

フランクのヴァイオリン・ソナタ、 アルゲリッチが音合わせで鍵盤に触れると、えっ、また「Shigeru Kawai」。 このホールとも相性が良いようです。 柔らかな音が響きます。  曲が始まると、えーー そう来るの!! と驚きながら、自由自在に音楽を作っていくアルゲリッチに驚嘆です。 やっぱりクレーメルとのチケットも取ればよかった、と後悔。



東響定期演奏会@オペラシティ 5月14日
05/16/2022, 12:44 am
Filed under: コンサート

指揮: ジョナサン・ノット

オルガン: 大木麻理

コンサートマスター: 小林壱成

ドビュッシー: 牧神の午後への前奏曲

デュサパン: オルガンとオーケストラの為の二重奏曲「WAVES」(日本初演)

ブラームス: 交響曲 第3番 へ長調 op.90

ジョナサン・ノットのエレガントな手の動き。 透明感のあるドビュッシーで思わず一曲目からうるうる。 2曲目は日本初演のデュサパンの「WAVES」。 オルガンの音がストップで変化しながらオケと混ざり合っていく様子、思わず「へぇーー、あっ そうなの、そうなんだ」 

そして休憩のあとはブラームスの第3番。 いつもは、やっぱり4番の方が好きと思い込んでいたけれど、今日は大きな声で「ノットの3番が一番好き」 最高でした。 ゆったりとしたテンポでそれぞれの楽器の美しいメロディのアンサンブル。ノットがどんどん引っ張っていきます。 こんな美しいブラームスを聴いたの初めてです。 うるうるがもはや号泣。 

明日はミューザでの演奏会。 ニコ生中継が楽しみです。 5/14

p.s. で、今日ニコ生中継。 やっぱりすごい演奏会でした。 ミューザのパイプオルガン凄すぎる。 オルガンとパイプが離れている。 

この演奏会、タイムシフトで一週間くらいは無料で視聴できるようです。



東京春・合唱の芸術シリーズ マーラー《交響曲第3番》4月10日
04/11/2022, 12:22 pm
Filed under: コンサート

指揮: アレクサンダー・ソディ

メゾソプラノ:清水華澄

管弦楽:東京都交響楽団

合唱:東響オペラシンガーズ

児童合唱:東京少年少女合唱隊

アレクサンダー・ソディ、40歳という若さ。 後半の盛り上がり、凄かった。

4楽章、「ツァラトゥストラはこう語った」からの引用、『おお人よ』 と始まり5楽章の合唱、そして6楽章と素晴らしいオーケストラの響きが会場を包み、興奮の余韻に浸りながら帰宅。 最高の1日。



アレクサンドル・メルニコフ ピアノリサイタル@文化会館小ホール 4月7日
04/10/2022, 9:29 am
Filed under: コンサート

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 D664

       3つのピアノ曲 D946

       ピアノ・ソナタ 第18番 D894

アンコール曲

プロコフィエフ:束の間の幻影 op.22より

とにかく美しいシューベルト。昔々弾いたソナタと全くの別物、あれはなんて曲だったのでしょうか?

素敵な夜でした。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 2月24日
02/26/2022, 12:21 am
Filed under: コンサート

 1月、チョン・ミョン・フンが来日できなかったため、今シーズンの始まりのコンサートになりました。 お隣さんと、「明けましておめでとうございます、今年も宜しく」のご挨拶。 今日の曲は3曲とも、初めてかなぁ、とお隣さん。 私・・もちろん初めてです。 

指揮: 井上道義

ピアノ: 大井浩明

コンサートマスター: 依田真宣

エルガー: 序曲 「南国にて」 Op.50

クセナキス: ピアノ協奏曲第3番「ケクロプス」(日本初演)

  <クセナキス生誕100年>

  協力:タカギクラヴィア株式会社

ショスタコーヴィチ: 交響曲第1番へ短調 Op.10

先日の「題名のない音楽会」で取り上げていた クセナキス。 バリトン独唱の「カッサンドラ」が衝撃的でした。今回のピアノ協奏曲もまたまた衝撃的。 舞台の上にあるピアノを見て、「おっ、また例のタカギクラヴィア」。 これって何かが起こりそうな気配なのです。     演奏が始まりると、オケもそうですがピアノはまるでフリージャズです。 終わった後、お隣さんと「これピアノ独奏で聴いてみたかったですね」と。

ショスタコも迫力のある演奏で、井上道義さん、とてもお元気です。 24年引退なんて・・・追っかけやらないとダメかしら。

トイメンに服部百音さんみっけ。 



能楽堂・企画公演@国立能楽堂 2月23日
02/25/2022, 12:21 am
Filed under: Uncategorized

おはなし

 山本東次郎

 聞き手 大谷節子

狂言・大蔵流

 佐渡狐

能・喜多流

 花月

山本東次郎さんのお話。 とても楽しいものでした。 そして「佐渡狐」のシテ。 あまりに美しく歩かれるのに今更ながらに驚きました。 お話の中で、とても厳しくお父様の三世山本東次郎さんがご指導をされた、と話されていたのが思い起こされました。

能「花月」 シテの面、「喝食(かっしき)」が、何か見たことがあると考えていたら、文楽の子どもの人形の顔でした。 こんなところに共通点があるのですね。



二期会「フィガロの結婚」 @ 東京文化会館 2月9日
02/10/2022, 11:09 pm
Filed under: オペラ

「影のない女」が公演中止になり、急遽 宮本亜門演出の「フィガロの結婚」に変更。 前回評判が良かったのに観ることができなかったため、今回はチケットをゲット。 

このコロナ禍、どうなるかと思ったがどうにか無事上演でき、久しぶりのモーツアルトでした。 やっぱりモーツアルトの音楽の持つ明るさが、こんな時には必要なようです。  

スザンナの宮地江奈さんの心地よいリリックソプラノ。伯爵夫人の木村博美さん、伯爵は大沼徹さん、フィガロ、萩原潤さん、ケルビーノの小林由佳さん。 とても楽しいオペラでした。

ところで・・「影のない女」はいつ上演されるのでしょうか。