窓辺の風景 


『フィレンツェの悲劇』『ジャンニ・スキッキ』 @ 新国立劇場 4月17日
04/20/2019, 1:15 am
Filed under: オペラ

指揮: 沼尻竜典
演出: 粟国 淳

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

「フィレンツェの悲劇」
グィード・バルディ:   ヴゼヴォロド・グリヴノフ
シモーネ:        セルゲイ’レイフェルクス
ビアンカ:        斎藤純子

「ジャンニ・スキッキ」
ジャンニ・スキッキ:   カルロス・アルバレス
ラウレッタ:       砂川涼子
ツィータ:        寺谷千枝子
リヌッチョ:       村上敏明
ネッラ:         針生美智子
ゲラルディーノ:     吉原圭子
ベット・ディ・シーニャ: 志村文彦
シモーネ:        大塚博章
マルコ:         吉川健一
チェスカ:        中島郁子
スピネッロッチョ先生:  鹿野由之
アマンティオ・ディ・ニコーラオ: 大久保光哉
ピネッリーノ:      松中哲平
グッチョ:        水野秀樹
ブォーゾ:        有岡蔵人

ラウレッタの砂川涼子さん、素晴らしい。 次の出演は・・・あれれれれれ トッーランドット、7月の21日だけ・・・残念です。



東京春音楽祭『さまよえるオランダ人』@東京文化会館 4月7日
04/09/2019, 5:19 pm
Filed under: オペラ

「さまよえるオランダ人」

指揮: ダーヴィト・アフカム

オランダ人(バス・バリトン): ブリン・ターフェル
ダーラント(バス): イェンス=エリック・オースボー
ゼンタ(ソプラノ): リカルダ・メルベート
エリック(テノール): ペーター・ザイフェルト
マリー(メゾ・ソプラノ): アウラ・ ツワロフスカ
舵手(テノール): コスミン・イフリム
管弦楽: NHK交響楽団
合唱: 東京オペラシンガーズ
合唱指揮: トーマス・ラング

毎回思うこと、チケットを2日分取っておけばよかった、と。
オケはN響、コンマスはキュッヒルさん。

今回のキャスト、それぞれ素晴らしい。あの文化会館の大ホールに声が響き渡ります。 ゼンタとオランダ人が手を取り合って舞台袖に入って行くときには思わず涙が・・。

・・・やっぱりいらないな、後ろの映像。・・ 



文楽鑑賞教室Bプロ@国立劇場小劇場 12月11日
12/12/2018, 3:04 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

  またやってしまいましいた。 2時半開演だと思ってゆっくりしていたら、2時開演。 慌てて会場に飛び込んだものの「団子売り」は終わった後。 一年に1度くらいはやってしまいます。 開演時間や会場を間違えたり、違う公演のチケットを持って行ったり。 指差し確認が必要なようです。

菅原伝授手習鑑
 寺入りの段    豊竹咲寿太夫・鶴澤友之助
 寺子屋の段    前 豊竹呂太夫・鶴澤燕三
          後 豊竹芳穂太夫・鶴澤清志郎

  鑑賞教室は若い学生で一杯です。 興味を持って観ている子。寝ている子。それぞれです。 
  寺小屋の段、終わって後ろの席の男の子、「こんなので殺されてはたまらないよなぁ。」と。 確かに!と大人の立場から観ていた私には、殺される子供の立場を考えたこと、ありませんでした。 思わず後ろを見て頷いてしまいました。 
 



東響定期演奏会@オペラシティ 9月4日
09/06/2021, 9:02 am
Filed under: コンサート

指揮:下野竜也

ピアノ:奥井紫麻

コンサートマスター:小林壱成

フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」

モーツアルト:ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 k.488

シューマン:交響曲 第2番 ハ長調 op.61

[ソリストアンコール]奥井紫麻(Pf)・ラフマニノフ(E.ワイルド編):春の流れ op.14-11

フォーレのシシリエンヌを聴きながら、オーケストラの楽器の「色」の上に乗ったフルートの独奏を堪能。でも、このオーケストレーションがフォーレではなくパリ音楽院の生徒、シャルル・ケックランだった、なんて初めて知りました。しかも、「シシリエンヌ」は後から付け加えられたと。

モーツアルトのコンチェルト23番。ピアノはソフトな音色。 アンコールも見事でした。

帰るときに東響のチラシを見て、「ほら、本当はこの若い人が来る予定だったのにねぇ・・・」なんてちょっと不服そうにおっしゃっているおばさま方が。・・アンガス・ウェブスターのこと・・ そんなことはありません、下野さんの音楽、とても美しかったです、と心の中で大反論。



読響定期演奏会@藝術劇場 8月28日
08/30/2021, 8:39 am
Filed under: コンサート

指揮: セバスティアン・ヴァイグレ

ヴァイオリン:戸澤采紀

コンサートマスター:長原幸太

モーツァルト:歌劇<フィガロの結婚>序曲

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53

べートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67<運命>

戸澤采紀さんのヴァイオリンを聴きに。

流れを大きく掴んだ演奏で素晴らしい。 馴染みのある3楽章まで、軽やかに進んでいきます。 来年はシティフィルとの共演。 楽しみです。

<運命>は去年 チョン・ミンの指揮で聴いた以来かな。 読響とヴァイグレとのアンサンブルも素晴らしかったです。



八月花形歌舞伎・第1部 8月22日
08/26/2021, 12:57 pm
Filed under: 文楽・歌舞伎

「加賀見山再岩藤」  さぁ、猿之助登場です。 先週20日から復帰、今日で3日目。  巳之助は最初の配役の鳥居又助、鷹之資は蟹江主悦。 そう、前回は鷹之助が鳥居又助でした。

流石、猿之助の観客を振り向かせる「間」は大したものです。 

寿猿が元気に「局能村」を。 とても91歳には見えません。 すごいです。



法隆寺展 @ 国立博物館 8月19日
08/20/2021, 12:10 pm
Filed under: 展覧会

八月は外に出ない、と心に決めてはいるものの、いつ緊急事態宣言で5月のように美術館・博物館など全てが閉館、などということもあります。 体力と相談しながら、コロナを避けての「法隆寺展」です。

法隆寺の広目天と多聞天、変に威張っていないし穏やかなお顔でとても美しい。 それにしても、これらの国宝や仏像を運ぶのは大変なんだろうなと感心してしまいます。 多分ヤマト運輸なのでしょうが。 

子供の頃に習った「大化の改新」以前の年号は 西暦で表していた記憶があるのですが、 年表では 推古天皇◯年、天智天皇◯年、と表しているのに ヘェ〜〜 でした。  

1400年前を想像しながら、なかなか楽しいひとときでした。



「渡辺省亭」欧米を魅了して花鳥画@佐野美術館 8月13日
08/16/2021, 8:24 am
Filed under: 展覧会

東京藝大美術館で開催が中止になってしまった「渡辺省亭」展。

頑張って三島の佐野美術館まで行ってきました。   

この展覧会のために購入した「PENTAXの双眼鏡PAPILIOII6.5×21 」は大活躍。 なんて言ったって、50cmでピントが合う。 あれっ汚れ?ゴミ?と思うと綺麗に描いた「花びら」だったり、何羽も描かれている「鳥の眼」の描き方がみんな違うのなんて、これがなければとても見ることができません。 

福富太郎コレクションでも何枚か見ましたが、これだけ集まると素晴らしいです。 最高で。 

蜘蛛の糸が見たかった「百舌鳥に蜘蛛」は今回の展示になかったのは残念。



八月花形歌舞伎 第1部  8月11日 
08/12/2021, 11:53 am
Filed under: 文楽・歌舞伎

「猿之助コロナ感染、代役 巳之助」のニュースが飛び込んできました。  私が持っている1部のチケットは22日。  これならきっと猿之助、コロナから復帰してくるぞ、と、その前に巳之助を観ねば。 

ゲットしました。11日、第1部。   この日は歌舞伎座のチケット売りだし。  10時発売の9月のチケットをバタバタと取ってから家を飛び出し、5分前に歌舞伎座到着。   うん、今日は分単位でうまくいっています。 さぁお目当ての「加賀見山再岩藤」 巳之助六役早変わりです。 

巳之助の女形、初めてではないかしら。  4日間の練習で初日を迎えた、と書いてありましたが、早変わりもうまくいっています。 ちょっと白塗りが雑になっていましたが「御台梅の方」で出てきた時はあまりに早すぎて、客席の反応が えっ、誰がどこに出てきたの?て感じです。  それでも、巳之助の奮闘は大したものでした。  

あとはただ22日までに猿之助が回復をしてくれることを願うだけです。  



東京シティフィル定期演奏会@オペラシティ 7月29日
07/30/2021, 7:30 pm
Filed under: コンサート

指揮: 下野竜也

ピアノ: 小山実稚恵

コンサートマスター: 荒井英治

バーバー: 弦楽のためのアダージョ 作品11

バーバー: 交響曲第1番 作品9

伊福部昭: ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲

バーバーの交響曲も伊福部の曲も初めてです。 興味津々。 

いやぁ、ピアノの小山実稚恵さん、素晴らしい。 これは左側の席でピアニストの指を見ていたかった。 最後のこれでもかこれでもかのグリッサンド祭り、聴きながら思わず笑いが込み上げてきます。 

バーバーと伊福部、なんの繋がり?と思いつつステージを見ていると、楽器構成がとても似ています。 普段はあまり登場しない バスクラリネット、コントラファゴットが登場しています。  きっとプログラムの曲と曲の繋がりを指揮者は頭をひねって考えるのでしょうね。

帰りはもちろん「ゴジラ」のテーマを口ずさみながら。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 7月1日
07/01/2021, 11:02 pm
Filed under: コンサート

指揮: チョン・ミョンフン

コンサートマスター: 三浦章宏

ブラームス: 交響曲第1番 ハ短調 op.68

ブラームス: 交響曲第2番 ニ長調 op.73

チョン・ミョンフン、おかえりなさい!!!

確か去年2月の「カルメン」以来です。 1年半近く、長かった。

第1番が始まり、第2楽章、始める前にチョン・ミョンフンが何か合図をしています。 三浦さんのソロが始まってハタと気が付きました。 あの指でビブラートらしい合図がソロのことを表していたのではないかと。 美しいヴァイオリンソロに加え、オーボエにフルート、木管セクションも素晴らしい。   

第2番、第1楽章のヴィオラとチェロのトゥッティ、2楽章のホルンのソロ、最高でした。  チョン・ミョンフンも何て楽しそうなのでしょう。  

9月のブラームスの交響曲第3番、第4番。楽しみです。 



能楽堂定例公演 5月12日
05/13/2021, 1:49 pm
Filed under: 能・狂言

狂言・和泉流

孫聟

能・喜多流

六浦

なんといっても 「孫聟」の野村 萬、91歳。 すごいの一言です。 本当にお爺ちゃまのご様子ですが、きっと普段はスタスタと歩いているのでしょう。 嫌味ではない地獄耳のような祖父(おおじ)。 ちょっとほのぼのとします。

能の「六浦、」後シテの深いグリーンに金色の楓があしらってある衣装が、まるで能楽堂のお庭の新緑鮮やかな「楓」を模しているようです。 能衣装を見ると、日本の織物の素晴らしさをとても感じます。                                       

中庭の「萩」はもう背丈ほどの高さになりました。 7月頃には咲き始めるのでしょう。毎月中庭を見るのも楽しみの一つです。

今日はダブルヘッダーです。 アリナミンVかな。



東フィル定期演奏会@オペラシティ 5月12日
05/13/2021, 1:48 pm
Filed under: コンサート

指揮: アンドレア・バッティストーニ

バンドネオン:小松亮太、北村 聡

ピアソラ: シンフォニア・ブエノスアイレス op.15 (日本初演)

*アンコール(バンドネオン):カルロス・ガルデル(アストル・ピアソラ編曲):想いの届く日

プロコフィエフ:バレエ音楽『ロミオとジュリエット』

オペラシティの改修工事が終わり、久しぶりのコンサートです。 改修工事中にコロナが収束しているのでは、と思ったのは甘い考えでした。 いくつかの演奏会は中止ですが、東フィルは感染対策をして予定通り開催。 一年ぶりにお隣さんに会えるのを楽しみに行ったのですが、お隣さんも、そのお隣さんもやはり姿が見えません。演奏会は楽しかったけれど、お喋りができないのが少し寂しいかな。

 ピアソラの『シンフォニエッタブエノスアイレス』 ピアソラのイメージを刷新。今までの「タンゴ」はいったいどこへ、というくらいに驚きました。 日本初演もなんか納得です。 2台のバンドネオンの音色もPAを使っていますがうまくマッチしています。 クラのアレッサンドロ・べヴェラリ大活躍。

 後半はプロコ。 バッティストーニの指揮、そして東フィル、これでもか、というほどの熱演。音楽の波に思わず落涙。 やっぱり演奏会は素晴らしい。「ロミ・ジュリ」最高でした。

 そうそう、バッティストーニがすごく痩せていたのに驚きました。 10キロくらいダイエットしたのではないかしら。 キリリと締まっていました。